ここから本文です

天才メッシ、ウルグアイ6人翻弄の“魔法ドリブル”に海外驚愕 「狂気のスキル」

11/20(水) 6:45配信

Football ZONE web

カバーニらを置き去りにするなど1人で計6人を翻弄「非現実的なプレー」

 アルゼンチン代表は現地時間18日、国際親善試合で同じ南米のウルグアイと対戦。エースFWリオネル・メッシ(バルセロナ)が後半アディショナルタイムにPKを決め、辛くも2-2のドローで試合を終えた。メッシはウルグアイFWエディンソン・カバーニとの一触即発の口論が話題を呼んでいるが、相手選手6人を翻弄する流麗なドリブルも「狂気のスキル」「非現実的なプレー」と反響を呼んでいる。

【動画】「狂気のスキル」と反響…アルゼンチン代表FWメッシの6人翻弄ドリブル

 試合は前半34分、ウルグアイがFWルイス・スアレス→カバーニのホットラインで先制。後半お互いに1点ずつを取り、ウルグアイの1点リードで迎えた同アディショナルタイムにメッシがPKを決めてアルゼンチンが追いつき、2-2のドロー決着となった。

 メッシとカバーニの一触即発の口論が注目を浴びるなか、メッシは本来のプレーでもしっかりと魅せた。

 前半22分、敵陣のピッチ中央で横パスを受けると、反転でマティアス・ベシーノとカバーニのマークを突破。MFルーカス・トレイラにぶつかられてバランスを崩すもボールを失わず、反転とFWセルヒオ・アグエロとのパス交換でトレイラとマルティン・カセレスを崩し、さらにゴール前で待ち構えるマーカー2人を引き付けて左サイドにパスを供給した。

 1人で計6人を相手にする“メッシらしい”プレーに、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「リオネル・メッシがトレードマークの突破でウルグアイの選手6人を粉砕」との見出しでレポート。「メッシは1人で相手ディフェンスを翻弄した。狂気のスキル」と称えた。また、衛星放送「スカイスポーツ・イタリア」も「非現実的なプレー」「メッシは観客と相手の前でドリブルで踊った。魔法だ」と報じている。

 強豪ウルグアイが6人がかりでも止められなかったメッシ。改めて、その超人的な個人技がフォーカスされることになった。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/20(水) 6:45
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事