ここから本文です

「アーセナルに打撃」スペイン代表監督復帰で…ルイス・エンリケ氏の招聘は失敗

11/20(水) 11:20配信

フットボールチャンネル

 スペインサッカー連盟(RFEF)は19日、ルイス・エンリケ氏がスペイン代表の監督に復帰したと発表。アーセナルにとって、その一報は打撃であると英紙『フットボールロンドン』は伝えている。

アーセナルからのランクインはあるか? 19/20サッカー選手能力値ランキング1位~100位【フォトギャラリー】

 ローマやセルタ、バルセロナなどの元監督であるエンリケ氏は2018年ワールドカップ後にスペイン代表監督に就任したが、今年6月に「個人的事情」により辞任を発表。その後、8月末には9歳の娘が病気のため死去したことが伝えられ、娘の闘病生活が辞任の理由であったことが明らかになった。その後、スペイン代表の指揮はアシスタントコーチを務めていたロベルト・モレノ氏が引き継いでいる。

 アーセナルは現在、プレミアリーグ第12節が終了した時点で12位。ただ、直近の公式戦5試合は3分2敗の成績を残しており、ウナイ・エメリ監督に対する批判が強まっていた。そのため、エンリケ氏がフリーだったこともありアーセナル指揮官の後任候補として浮上。だが、スペイン代表監督に復帰したことで、その可能性が消滅している。

 同紙は「エンリケ氏がアーセナルを率いる男になるかもしれないという無限の憶測の中で、この一報はアーセナルにとって打撃だ」「エンリケ氏とアーセナルが接触したとの情報もあったが、これらの報告は最新のニュースによって却下された」と伝えている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/20(水) 11:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事