ここから本文です

「子どもの頃、目にした高収入求人バニラのトラックを思い出して」働き始めた貧困女性の末路

11/20(水) 11:00配信

デイリー新潮

 10月27日未明、ツイッターを眺めているとこんな書き込みがあった。

〈高収入バニラちゃんのゆるキャラが子供にうまい棒配ってるの邪悪すぎて笑てまう(原文ママ)〉

高収入バニラがうまい棒配布、一体何が問題だったのか? 

 ツイートには画像が添付されていた。1枚は、ハロウィンイベント中の池袋サンシャイン通りで、女の子を模したキャラクターの着ぐるみが立っている。もう1枚には、その着ぐるみが配布していた2本セットの「うまい棒」が写っていた。パッケージには「オリジナル うまい棒」「VANILLA 高収入求人情報バニラ」と書かれており、下部にはサイトにアクセスできるとおぼしきQRコードが印刷されている。

 もう1本は男性向けらしく「男の高収入求人情報 VANILLA メンズバニラ」と書かれている。どちらも、仮装をしたうまい棒のキャラクターと着ぐるみキャラクターが描かれているハロウィン特別仕様だ。

 ツイッターを検索していくと、「子どもにも配っていた」「子連れにも渡していた」と明言しているツイートは見る限り5件ほどで、その様子を明確に捉えた画像があるわけでもなく、真偽は定かではなかった。

 しかし、この着ぐるみと一緒に写真を撮っているツイートなどはいくつも見つかり、家族連れや子どももいるイベント中のサンシャイン通りで、目を惹く着ぐるみキャラクターが菓子を配布していたのは、まぎれもない事実であるようだった。

 有志がうまい棒の製造販売元である株式会社やおきんに問い合わせたところ、名入りのオリジナルうまい棒が作れるサービスを利用した製品であること、入稿された内容がコンプライアンスの精査をすり抜けて製作されてしまったことが確認された。この連絡が入ったためか、10月31日に全国各地のハロウィンイベントで実施が告知されていたバニラのオリジナルうまい棒配布は中止となった。

「バーニラ! バニラ! バーニラ! 求人! バーニラバニラで高収入!」

 繁華街でその歌を聞いたことがあるというひとは多いだろう。高収入バニラのアドトラック(広告宣伝車)が流す曲だ。ド派手なピンクの車体には「お金超大好き」「もっと稼ぎたい」などと書かれており、爆音で流す滑稽かつキャッチ―な音楽はやたらと耳に残る。小さな子どもなど、つい目を奪われ、真似して歌いたくなってしまいそうである。

 そのインパクトあるビジュアルと音楽ばかりが気になって、そもそもあれがなんなのか知らない方もいるだろう。端的に説明すると、「高収入バニラ」というのは、女性向けの性風俗求人サイトだ。そう、真昼間の街中を、「あなたも風俗嬢として働きませんか?」と爆音で宣伝する車が走り回っているのだ。

 アドトラックがキャッチ―な音楽を流しながら往来を走り回り、路上に立つゆるキャラが家族連れも訪れるイベントで菓子を配布する。

「あなたも風俗嬢として働きませんか?」という、うたい文句で。

 異様だと断言するには十分だ。なぜこれが見逃されているのだろう? 

1/5ページ

最終更新:11/21(木) 10:53
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事