ここから本文です

「安室ちゃんを政治利用しないで!」 首里城再建支援金集めに楽曲依頼するも批判殺到

11/20(水) 5:58配信

デイリー新潮

 引退から早1年が経っても、沖縄の非常事態に名前が取り沙汰されるのは地元を代表する「スター」ゆえか。表舞台を去ってからというもの、全く近況を耳にしない安室奈美恵(42)に、「首里城」再建を託す声が上がっている。さて、「安室ちゃん、お願い!」の声に歌姫はどう応えるか。

【写真】台湾ツアー時のオフショット 珍しくお疲れのご様子

 正殿、北殿をはじめ、主だった七つの棟が一夜にして灰燼に帰し、焼失面積は実に4200平方メートルに及ぶ。33年間の長きにわたる復元プロジェクトが今年2月に終わりを見た、直後の災厄だった。発災から2週間が過ぎ、「沖縄のシンボル」再建に向けた動きも活発になっている。

 地元記者によれば、

「官邸を訪れて支援を求めた玉城デニー沖縄県知事に対して、菅官房長官は全面支援を約束しました。ただ、再建に要する費用については未知数。今回、焼失した施設は国が73億円かけて復元したわけですが、同じ金額で再建できるとは思えません。材料費、人件費の高騰に加え、赤瓦や外壁の漆塗りに携わる職人を確保できるかも大きな課題です。再建に要する費用は100億円以上にのぼるのでは、との声もあります」

 那覇市が募った支援金はすでに4億円を突破したものの、まだ「100億円」にはほど遠い。首里城を管理する「沖縄美(ちゅ)ら島(しま)財団」は、美ら海水族館などと合わせて限度額70億円の火災保険に加入しているが、今回の件で実際にいくら支払われるかは分からない。

 そんな沖縄の窮地に浮上したのが、「安室奈美恵に楽曲制作を依頼する」というプランだった。発案した、日本維新の会の下地幹郎衆院議員によれば、

「前回の復元プロジェクトは国費でしたが、今回は戦争や天災が原因で焼失したのではありません。国費に頼ることでむしろ沖縄が批判される可能性もある。県に責任があるからこそ、沖縄の総力戦で再建すべきだと考えています」

 そして、その「シンボル」として、引退した安室を担ぎ出そうというワケだ。

1/2ページ

最終更新:11/20(水) 9:32
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事