ここから本文です

金谷拓実が松山英樹に続くアマ優勝。「“心臓がない”みたい」な逞しさ。

11/20(水) 11:01配信

Number Web

 身体よりわずかばかり大きい、真っ赤なチャンピオンブレザーに西日が溶ける。

 プロツアーの表彰式に出るのは初めてではない。日本オープンの3回を含め、ベストアマチュア賞で列席したこと多数。とはいえいつも隣にいるはずの優勝者が、この日は他ならぬ自分だった。

【秘蔵写真】10代でツアーを制した石川遼&松山英樹に、青木・ジャンボ・中島の貴重な3ショット、シブコの高校時代……プロゴルファーの若き日。

 静岡・御殿場での三井住友VISA太平洋マスターズで、東北福祉大に通う21歳の金谷拓実が初優勝を飾った。

 アマチュアが日本男子ツアーを制したのは1980年の倉本昌弘、2007年の石川遼、'11年の松山英樹以来4人目(1973年のツアー制施行後)。直近の8年前、同じ東北福祉大の2年生だった松山もここ御殿場で歴史の扉を開いた。

 2001年のワールドカップで、タイガー・ウッズが伝説的なチップインイーグルを決めた18番パー5。先輩と同じように最後はイーグルで締めくくったのも何かの縁かもしれない。

「“心臓がない”みたい」

 身長172cm。体重は高校時代に比べて10kgは増えても72kgと、体格的に恵まれた部類には区分されない。大会4日間の第1打の平均飛距離(各ラウンド2ホールで計測)は284.38ヤードで全体の40番目だった。

 それでいて、金谷のアマチュアキャリアはここ10年の男子選手を見渡しても抜きんでている。2015年に日本アマチュア選手権優勝、同じ年に日本オープンでローアマチュア獲得。どちらも17歳という最年少記録が残る。昨年はアジアパシフィックアマチュアを制して、今年のマスターズと全英オープンに出場した。ついには8月、R&Aが設定する世界アマチュアランキングで1位に座る、松山以来2人目の日本人選手になった。

 その松山をして、金谷の強さは「メンタルでしょう」という。

 ふたりは2年前の春、初めて日本でプライベートラウンドをともにした。今年は一緒にメジャーにも出場。試合での直接対決はないにしても、その様子を眺めてこう評す。

 「いつも表情が変わらないじゃないですか。“心臓がない”みたい」

 ……。“強心臓”という定型句を封じられたことはさておき、彼の精神的な逞しさをより知るのは同世代のライバルたちである。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 14:56
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事