ここから本文です

絶対王者を追いつめたパラバドの 若きエースが、単複銅メダル獲得

11/20(水) 10:00配信

webスポルティーバ

東京2020パラリンピックの新競技、パラバドミントンの代表出場権をかけた選考予選大会兼テストイベント「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」が13日から5日間の日程で、パラ本番会場と同じ国立代々木競技場第一体育館で行なわれた。

【写真】本当に強くなってきたパラバドミントンの里見紗李奈

 今大会は、東京パラ出場を目指す選手にとって重要なポイントレースのひとつ。世界トップクラスのプレーヤーも多く参戦した。そのなかで、目を見張る勢いだったのが、日本の車いす男子WH2の梶原大暉(福岡市立福翔高)だ。梶原はシングルスとダブルス両方にエントリーし、いずれも予選リーグを全勝で突破。それぞれ準決勝まで勝ち進み、銅メダルを獲得した。

 シングルスでは1回戦でイングランド人選手に勝利して勢いに乗ると、準々決勝で世界選手権銅メダリストの渡辺敦也(アキレス)との日本人対決を2-0(21-14、21-8)のストレートで制した。

 ファイナル進出をかけた準決勝では、世界選手権4連覇中のキム・ジョンジュン(韓国)と対戦。第1ゲームは先に20点に乗せながら逆転された梶原。第2ゲーム中盤は4点リードから追いつかれるが、そこから粘ってキムを振り切った。ファイナルゲームはシーソーゲームとなり、我慢の展開が続くなか、最後はバックアウトのミスを誘われ、ゲームカウント1-2(21-23、21-18、17-21)で敗れた。

 キムは今大会も圧倒的強さを発揮して優勝を果たしているが、そんな彼から唯一、予選と決勝トーナメントを通してゲームを奪ったのがこの梶原だった。梶原は対戦前、キムに対して「ほかの選手には決まるショットが通用しない。チェアワークがすごいし、憧れの選手」と話していたが、絶対王者を追いつめることができた。

 試合後、「フルゲームまで粘れたのは、自信になりました」と手ごたえを語る一方で、「後ろのアウトを調整できなかったのが心残りです」と悔しさをにじませる姿が印象的だった。

 試合を終え、握手をする際、キムから「グッド、グッド」と声をかけられたという梶原。そのキムは「ダイキは9月のタイ国際で対戦した時よりも、チェアワークも戦略もよくなっている」と話しており、日本の若きエースの成長を実感した様子だった。

1/3ページ

最終更新:11/20(水) 10:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事