ここから本文です

名店 レストラン「ル・ゴロワ」が北海道・富良野で叶えた夢

11/21(木) 18:00配信

T JAPAN web

奇跡のようなレストランができるまでのプロセスをたどる

 北海道・富良野の秋は短い。色づいた樹々の葉は2週間ほどで落ちてしまい、静かな冬が訪れる。「富良野の秋は特別に美しいの。太陽の光に包まれて紅葉が金色に輝き、キラキラと舞い落ちてくるさまは、この世のものとは思えないほど」大塚敬子さんは馬の世話をしながら、森の樹々を見上げて教えてくれた。
 彼女と夫の健一さんが住むのは、富良野の中心地から車で20分ほど離れた森の中。夫妻と2匹の犬、4匹の猫、5頭の馬が大塚家のメンバーだ。夫妻は東京のフランス料理店「ル・ゴロワ」のオーナーシェフとマダムとして、表参道で10年、神宮前で9年、人気店を支えてきた。2016年5月に店を閉め、北海道へ移住。2018年5月に、「ル・ゴロワ フラノ」をオープンした。

窓から馬がのぞく―― 動物と一緒に暮らせる夢の空間

 東京では、名店「ル・ゴロワ」の閉店は衝撃的なニュースだった。人気店を閉め、なぜ北海道へ移住? この移住は夫妻にとって長年の念願だった。話は敬子マダムの幼少期にさかのぼる。東京・目黒育ちの彼女は、物心がついたときから大の動物好き。ノラ犬もノラ猫もいた昭和30~40年代。彼らを拾ってきては母親に怒られた。隠れて空き家に何匹も飼い、それが発覚したことも。休みに千葉の親戚の家に滞在したときのこと。近所にやってくる「ロバのパン屋さん」に夢中になった。ロバ(実際には馬)が牽ひいた馬車に蒸しパンを並べ、テーマソングを流しながら売る、当時大人気だった移動パン屋だ。敬子さんは馬ににんじんをあげたくて、電信柱の陰に隠れて待ったという。馬とのこの出会いが北海道への道につながるとは、当時の彼女にはわかるはずもなかった。

 動物好きは変わらず、とりわけ馬に憧れ、両親の反対を押しきって大学は北海道の「酪農学園大学」へ。卒業後、当時は馬関係の職場は男性社会だったこともあって仕事が見つからず、馬の次に好きだったお菓子の道へ。パティシエールとして、軽井沢プリンスホテルの厨房で働き、料理人の健一さんと出会って結婚。新婚旅行は北海道だった。「空気はうまいし、森は美しい。なにより食事がおいしくて。ふたりで北海道に住みたいと思い始めました」と健一さんは言う。その後、ふたりともホテルを退社。修業時代を経て、デザイナー・荒牧太郎さんがディレクションしたカフェ「パパス カフェ 青山店」をふたりで任されることになった。

1/4ページ

最終更新:11/21(木) 18:00
T JAPAN web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事