ここから本文です

意外と貯まらない700万円台!家計調査でわかった【年収別】の貯蓄傾向

11/21(木) 20:42配信

サンキュ!

みんなが気になるお金のコト。収入が増えれば貯蓄は増えるの? 年収によって貯蓄額はどれくらい違う? など……。とはいえ、収入や貯蓄額について、友人や身近な人にはなかなか聞きづらいですよね。

【画像集】1000万貯めた主婦のお財布、公開!

そこで、創刊以来22年間マネー情報を取材し続けてきた『サンキュ!』編集部が、読者192人のアンケートから、貯まる人、貯まらない人、それぞれの傾向を年収別に分析しました。

意外と貯まらない!? 世帯年収700万円以上

通常、年収が上がるにつれて順調に貯蓄金額も殖える傾向がありますが、年収700万円を超えたあたりから、高年収の割には赤字〞の人が目立ち始めます。なんと、「赤字」&「貯まらない人」が12.6%も!

■年収が高い分、住宅ローンの借りすぎ注意報!
超低金利時代の今、年収が高く銀行から住宅ローンを借りやすい分、多額の借金を背負う傾向も。高収入でも油断せず、住宅を買う前に定年までに完済できる返済計画〞をシミュレーションしたいところ。

■子ども費に月5万円以上かける人が約38%
子ども費にかける月額が、他の年収帯と比べ高い傾向に。月5万~7万円未満が16.7%、月7万~10万円未満が16.7%となり、4割近くの人が月5万円以上支出していることに。塾や習い事など、子どもに投じるコストには甘くなりがちな傾向が!? 

世帯年収500万円以上~700万円未満は優秀ゾーン!

1割以上の人が年150万円以上貯める達人!約87%の人が「貯めている」と答える優秀ゾーンです。たとえ最初はやりくりが苦手でも、家の中を片づけ、効果的なお金の使い方を家族と話し合うなどの工夫を重ね、貯め達人〞へと進化を遂げる人も多いです。

■年収の上下にふりまわされないことが大切
ゆとりがアダとなり、ムダづかいのリスクをはらむ年収帯だけに、油断しない堅実派〞だけが貯めているともいえます。年収が上がっても油断せず、身の丈の生活水準をキープできる人が、貯められる人。まず、暮らしと気持ちを整えて、やりくりを安定させるのがコツ。

世帯年収300万円以上~500万円未満は、情報収集力がカギに

約4割の人が順調に貯める一方で、赤字の人も9.4%。「年収がもっと高ければなー」と愚痴を言いがちな言い訳達人〞と、最新のマネー情報を集めて徹底的に「お金の使い方」を考え抜く、真の貯め達人〞が混在。貯まるか否かの分かれ道は、情報収集テクにありました。お金の情報を真剣に集め、考え抜く習慣を持つことこそが、貯まる人への道!

■お金の使いみちを考え抜いた人だけが貯めている!
この年収帯は、子ども費も、住居費も人並み〞に使える分、出費に優先順位をつけないと、暮らしがギリギリになるリスクをはらみます。「本当に幸せになるお金の使い方」を探求する人だけが、貯まる傾向に。

1/2ページ

最終更新:11/21(木) 20:42
サンキュ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい