ここから本文です

WBSS出場の米選手 ドーピング違反で4年間の出場停止処分決定

2019/11/21(木) 16:07配信

THE ANSWER

WBSSスーパーライト級で1回戦敗退のマーティンがドーピング陽性発覚

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)スーパーライト級大会はIBF王者ジョシュ・テイラー(英国)がWBAスーパー王者のレジス・プログレイス(米国)を判定で破り、頂点に立った。一方で初戦でテイラーと対戦したライアン・マーティン(米国)に、ドーピング違反で4年間の出場停止処分が下った。英公共放送BBCが報じている。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 26歳のマーティンは昨年11月3日のWBSS初戦でテイラーにTKO負け。自身のキャリア23戦目で初の黒星を喫していた。記事によるとこの試合後のドーピング検査で失格となり、4年間の出場停止処分となった。

「26歳のボクサーは2018年11月3日の試合後に男性ホルモンの代謝物が陽性と認めらた。UKアンチドーピングは試合日からマーティンの出場停止が開始すると公表した。マーティンは摂取したサプリメントに禁止薬物が入っていたと述べた」

 こう説明を加えており、試合日に遡ってそこから2022年まで4年間の出場停止となる。

 マーティンはアマチュアで200戦以上のキャリアを誇り、テイラーに敗れるまで22戦全勝12KOの成績を残し、当時はWBC世界スーパーライト級のシルバータイトルを保持していた。以降はリングに上がっていない。

THE ANSWER編集部

最終更新:2019/11/21(木) 16:36
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事