ここから本文です

『あおざくら』いよいよ銃貸与!その矢先、原田に異変が…結木滉星「原田の表面的な部分が徐々に崩れて…」

11/21(木) 8:00配信

ザテレビジョン

本郷奏多主演のドラマ「あおざくら 防衛大学校物語」(MBSドラマ特区枠ほか)。第4話「脱柵!」では、これまで大きな失態なく防大生活を送ってきた優等生・原田忠(結木滉星)に異変が…!ミス連発で落ち込む原田を近藤勇美(本郷奏多)ら仲間たちはフォローできるのか!?原田役・結木からのメッセージも到着!

【写真を見る】腕立て、空気イス…突然始まるガチの“しごき”にも注目!

■ 優等生・原田がまさかの大失態!

自衛隊の幹部自衛官となるべき者を教育訓練する“防衛大学校”を舞台に熱い男たちの青春を描く同作。11月21日ほかに放送される第4話「脱柵!」では、これまで大きな失態なく防大生活を送ってきた優等生・原田にスポットが当たる。

原田役の結木からは「4話から、これまでそつなくこなしてた原田の表面的な部分が徐々に崩れていって、どんどん人間らしくなっていくところが最大の見所です。撮影の時も撮るシーンはバラバラでしたけど、時間軸をしっかり確認しながら丁寧に演じました。今後、原田がどうなってしまうのか楽しみにしていて下さい」というメッセージも到着!

そんな第4話で描かれるのは、いよいよ銃貸与が許された近藤や原田ら防大1年生たちのエピソード。銃解体の授業で、原田が銃の部品を紛失してしまう事態が発生する。しかも、それをきっかけに原田ミスを繰り返し空回り。先輩からの呼び出しも頻発する。

そんな原田を励まそうと気遣う近藤、沖田、武井たちだったが、遂に最悪の事態が起ころうとしていた――というストーリーが展開する。

予告動画では、原田が吹っ切れたように「俺向いてないのかもなぁ」とつぶやく意味深なシーンも…。そして、第4話サブタイトル“脱柵”の意味するものとは?

■ “ルパパト”では人気キャラ・朝加圭一郎役

原田を演じる結木は、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018-2019年、テレビ朝日系)で世界平和を希求する警察官・朝加圭一郎を好演。精かんなルックスに加え、シャツをズボンに“イン”するなどマジメを絵に描いたような圭一郎のキャラクターが話題を集め、放送中は毎週のように“朝加圭一郎”がTwitterのトレンド入りを果たすほどの人気を得た。

“ルパパト”時代にトレーニングで培った身体能力を生かし、主演映画「下忍 青い影」(公開中)ではみごとなワンカット殺陣アクションを披露。さらに、公演中の舞台「里見八犬伝」では“信”の玉を持つ犬士(剣士)・犬飼現八を演じ、こちらも磨き上げた殺陣を披露する。

今回「あおざくら―」で演じる原田忠は、高校時代は野球をやっていて運動能力が高く、手も器用でたいていのことはそつなくこなしてしまうという優等生キャラ。近藤からは「体育会系のノリでテンション空回り。女子が最も苦手とするタイプ」と一刀両断されつつ、持ち前の朗らかさで同期のムードメーカー的役割を担っている。

そんな原田が初めて壁にぶち当たる第4話。また一つ大きな壁を乗り越えて、近藤、そして原田たちは絆を深めることができるのか!?

(ザテレビジョン)

最終更新:11/21(木) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事