ここから本文です

「沢尻エリカ逮捕は政権の指図」元首相も認めた陰謀論は本当か

11/21(木) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 「桜を見る会」を巡る疑惑で一部マスコミが騒ぐ中、沢尻エリカ容疑者が薬物所持で逮捕された。「国民の目をそらすために芸能人を逮捕した」という陰謀論がまことしやかに流れるのは“お約束”だが、今回、目を疑ったのは首相経験者である鳩山由紀夫氏が、SNSでこの陰謀を事実であると認めたこと。鳩山氏は自身の発言の重みをわかっているのだろうか?(ノンフィクションライター 窪田順生)

● 沢尻エリカ容疑者の逮捕は 「政権ピンチを救う」ため!?

 女優の沢尻エリカ容疑者が薬物所持で逮捕されたことを受けて、一部の有名人やジャーナリストらが、耳を疑うようなことを言い始めた。

 「政権がピンチとなると芸能人が薬物で逮捕される」というのである。

 ご存じのように、ここ最近、安倍政権は「桜を見る会」について、「参加ツアーの金はどこから出てるんだ」「税金を投じる政府の行事を私物化しているじゃないか」なんて感じで野党や一部マスコミから叩かれていた。しかし、それが今回の逮捕で、ニュースもワイドショーもエリカ様一色。「桜を見る会?ああ、そんなのあったね」なんてムードになってきている。

 このあまりにラッキーな展開がゆえに、「これらはすべて安倍政権が仕組んだもので、沢尻容疑者はスケープゴートにされた」――と主張する人たちが現れているのだ。

 これはつまり、警察や厚労省には、いつでも好きな時に検挙できる薬物芸能人リストのようなものが存在して、官邸から「誰か有名どころをパクちゃってよ」という非公式なホットラインを受けた上層部の命を受け、現場が逮捕状を請求する、というドラマ「相棒」で描かれるような権力の腐敗が現実に起きているというのだ。

 もちろん、この主張に対しては冷ややかな見方も多い。「頭は大丈夫か?」「いくら安倍首相憎しとはいえ妄想がすぎる」などと失笑している人たちもたくさんいる。「政権がピンチになると、北朝鮮からミサイルが飛んでくる」説と同じような「陰謀論」だと吐き捨てる人も多いのだ。が、ここにきてこの話を笑い飛ばすことができない展開になってきている。

 なんと内閣総理大臣経験者、しかもちょっと前まで首相の椅子に座ってああだこうだと官僚に指示を与えていた御仁が、この陰謀論を「正しい」と断定したからだ。

1/4ページ

最終更新:11/21(木) 13:25
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事