ここから本文です

「言葉なんて無力」 ソン・フンミン、解任されたトットナム恩師へのメッセージに英注目

11/21(木) 7:40配信

Football ZONE web

トットナムがポチェッティーノ監督を解任し、モウリーニョ監督の就任を発表

 トットナムは現地時間19日、マウリツィオ・ポチェッティーノ監督を解任し、ジョゼ・モウリーニョ監督の招聘を発表した。6シーズンに及ぶポチェッティーノ体制に終止符が打たれることになったが、韓国代表MFソン・フンミンは恩師に感謝のメッセージを送っている。英メディア「HITC」が報じている。

 2014年にトットナムに就任したポチェッティーノ監督は、予算の限られた状況下で選手たちをトッププレーヤーへと育てる敏腕ぶりを発揮し、“トップ6”の一角として4年連続でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。また、昨季は異例の“ゼロ補強”のなか、クラブ史上初のCL決勝進出を果たす快挙を成し遂げていた。

 しかし、今季はプレミアリーグ第12節を消化した時点で3勝5分4敗の14位に沈む暴落を見せ、クラブは成績不振によりポチェッティーノ監督の解任に踏み切った。そして同日、モウリーニョ監督の招聘を発表。5シーズンに及ぶポチェッティーノ政権に幕が下ろされることになった。

 2015年に加入したソン・フンミンは当初出場機会の確保に苦しんでいたが、ポチェッティーノ監督に才能を見出され、いまやアジア最高の選手として飛躍を遂げた。そして、プレミア屈指のアタッカーへと成長させてくれた恩師の解任を受け、感謝のメッセージを送っている。

「どれほどこの人に感謝しているかなんて、言うまでもない。感謝を表現するのに、言葉など無力だ。僕はあなたから多くを学んだ。それはサッカーだけでなく、人生においても。あなたの今後に幸運を祈り、最高の瞬間が訪れることを願っている」

 ポチェッティーノ監督がクラブを去った場合、ソン・フンミンもトットナム退団を検討すると一部報道では取り沙汰されていたが、それだけ両者の間には強固な絆が構築されていたということなのかもしれない。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/21(木) 7:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事