ここから本文です

若かりし頃のトーレス“6変化”! 爽やか短髪に鮮やか長髪…ファン歓喜「役者になれる」

11/21(木) 19:10配信

Football ZONE web

リーガ公式が「世界こどもの日」に“坊や”トーレスの写真6枚を公開

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏は、今年8月に現役引退した後も世界中のファンから愛されている。母国スペインのリーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムは、過去のトーレス氏の写真を集めて公開。「私のレジェンド」「最高の選手」と反響が集まっている。

【写真】「最高の選手」「役者にもなれる」と反響 リーガ公式が公開した若かりし頃のトーレス“6変化”

 アトレチコ・マドリードの下部組織で育ったトーレス氏は、2000-01シーズンにトップチームでデビュー。19歳にしてキャプテンを務めるなど中心選手になった後、リバプールに移籍した。その後、チェルシー、ACミラン、アトレチコ復帰などを経て、18年7月に鳥栖に加入。今年は負傷でも苦しみ、8月に現役を引退している。スペイン代表時代の盟友であるヴィッセル神戸MFイニエスタとの対戦となった同23日のJ1第24節神戸戦(1-6)がラストゲームだった。

 トーレス氏はアトレチコ時代から「エル・ニーニョ(坊や/日本では“神の子”とも)」というニックネームで知られているが、リーガ公式インスタグラムは「世界こどもの日」である20日に“坊や”トーレス氏にフォーカス。20歳前後の若かりし頃のトーレス氏の写真6枚を組み合わせ、投稿している。

 短髪で爽やかな印象を与えるものや、耳が隠れるほどの長さの金髪をなびかせるもの、誠実そうな表情のミディアムヘアーなど、バリエーション豊かなスターの“秘蔵写真”にファンも反応。「私のレジェンド」「最高の選手」「愛してる」「役者にもなれる」「アイドルだ」と熱狂的なコメントが寄せられていた。

 長きにわたる現役生活を終え、今後の活動が注目されるトーレス氏。現役最後の地となった日本での活躍も期待したいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/21(木) 19:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事