ここから本文です

井上尚弥の世界戦略シナリオを予想。 「禁断カード」など次戦の相手は?

11/21(木) 6:30配信

webスポルティーバ

11月7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝で井上尚弥(大橋ジム)がノニト・ドネア(フィリピン)を激闘の末に下した直後、井上とトップランク社との複数年契約が発表された。世界最大級のプロモーターの力を借り、日本が生んだ"モンスター"は本格的にアメリカ進出を開始する。まだ26歳の王者の前には、無限の可能性が広がっている。  今後、井上はどんな相手と戦っていくことになるのか。今回は来春以降に激突する可能性があるボクサーをピックアップし、"世界戦略"のシナリオを予想してみたい。

【写真】井上尚弥がパッキャオなみの「世界的スター」になるために必要なもの

【対立王者】・WBC王者 ノルディ・ウバーリ(フランス/33歳/17戦全勝(12KO))・WBO王者 ゾラニ・テテ(南アフリカ/31歳/28勝(21KO)3敗)

 WBA、IBFのタイトルを保持する井上がもっとも期待されているのは「統一戦路線」だろう。そこで最大のターゲットになるのは、ウバーリ、テテというふたりのサウスポー王者だ。

 ウバーリが所属するMTKグローバル、テテを抱えるフランク・ウォーレン・プロモーターはどちらもトップランク社と提携関係にあり、井上とのマッチメイクは非常に容易。トップランク社と独占放映契約を結ぶESPN系列の好カードとして、2020年に実現する可能性も十分にある。特にウバーリは、ドネア戦のセミファイナルで弟の拓真を下し、井上との間に因縁が生まれたのも大きい。

「この戦いの前に弟が負けています。拓真の仇を取りたい。統一戦をやりたい」

 実際に、ドネア戦後のリング上で井上はそう述べた。人間ドラマ好きのESPNも、"弟のリベンジ"というわかりやすいストーリーを、ドキュメンタリーフィルムなどで上手に料理してくれるはずだ。日本人vsフランス人という、アメリカに関係のないカードでも、それなりに話題になるのではないか。

 もっとも、来春と目される次戦でこのカードが用意される可能性は低い。

「焦ってビッグファイトを組もうとする必要はない。まずは井上のケガが癒えるのを待ち、その後に適切な相手と対戦させたい」

 トップランク社のトッド・ドゥブーフ社長は筆者にそう語り、ドネア戦で骨折、カットを経験した井上の契約初戦は、やや軽めの相手になることを示唆した。さらにウバーリには、11月23日に挙行されるエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)vsルイス・ネリ(メキシコ)の勝者との指名戦が義務づけられている事情もある。だとすれば、井上戦は早くても来夏以降かもしれない。

 一方、ケガでWBSS準決勝のドネア戦をキャンセルしたテテは、11月30日に英国でWBO暫定王者ジョン・リール・カシメロ(フィリピン/30歳/28勝(19KO)4敗)との対戦が決まっている。この試合を前評判どおりにクリアすれば、井上との統一戦が視界に入ってくるだろう。タイプ的にはウバーリよりもやりにくそうなテテだが、米国内での知名度、話題性はゼロ。井上との対戦を盛り上げるには、井上がウバーリに勝つのを待ち、4団体統一戦として売り出すのがベストのようにも思える。

1/4ページ

最終更新:11/21(木) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事