ここから本文です

広岡達朗、87歳。令和のプロ野球界への提言「今でも『オレにまかせろ! 弱いチームは全部、勝たす!』という思いはある」

11/21(木) 6:00配信

週プレNEWS

現役時代は巨人のレギュラーショートとして活躍し(当時、女性人気はナンバーワン!)、指導者としてはヤクルト、西武を日本一に導き「名将」の名をほしいままに。今も歯に衣着せぬ鋭い論評を続ける「球界のレジェンド」広岡達朗(ひろおか・たつろう)氏が週プレに降臨!

【写真】現在のプロ野球界を語る広岡氏

■原監督の「マルポーズ」はあまりに情けない!
現役時代は巨人で長嶋茂雄氏と三遊間を組むなど「リーグ屈指の遊撃手」として新人王も獲得した広岡氏。後に指導者としてヤクルト、西武を日本一に導くが、自身の野球の原点は「プロの厳しさをいやというほど味わった、入団当時の巨人軍の野球にある」という。果たして彼の目に古巣・巨人はどう映っているのか?

* * *

――巨人は今季、原辰徳監督が復帰し、5年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

広岡 あの戦力があればセ・リーグで勝つのは当たり前。フロントがあれだけの大金を投じて勝てなかったら監督は辞めたほうがいいですよ。でも、優勝したとはいっても今、巨人らしい選手って誰がいますか?

――広岡さんと同じショートの坂本勇人(はやと)は今季、初めて40本塁打を放ちましたが。

広岡 坂本の守備、あれは捕れる球を捕っているだけでしょ。ちょっとでも「この打球は捕れないな」と思ったら捕りにいかない。私が公式記録員なら全部エラーにしますよ。 

――き、厳しいですね。

広岡 これはイジメじゃなくて彼のために言ってるんです。「あれをエラーにされたらたまらん」って真剣に追いかければ彼はもっとうまくなる。これが指導ですよ。

――なるほど。では広岡さんの考える「巨人らしい選手」とはどんなものですか?

広岡 「あの選手のマネをしたら間違いない」とみんなから思われ、憧れを抱かれる選手ですよ。今、誰がいますか? 投手では菅野智之、山口俊らぶくぶく太ったのが何人もいるし、何億円ももらってベンチに座っている阿部慎之助もダメ。

彼は本来、4番を打つ選手ですよ。4番で結果が出せなくなった時点で自分からユニフォームを脱ぐくらいのプライドを持たないと。巨人のユニフォームを着るということは、そういうことです。

1/4ページ

最終更新:11/21(木) 6:00
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事