ここから本文です

野村克也が語る「DH制導入の是非」

11/22(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

セや巨人が弱いのにDH制は関係ない

原監督はセのDH制導入を訴えたが……/写真=高塩隆

 日本シリーズ終了後、巨人・原辰徳監督が「セ・リーグもDH制を使うべき。(パ・リーグに)相当、差をつけられている感じがある」「(DH制を使えば)投手は投手に専念できる」と、マスコミに語ったという。

 まあ、巨人の4連敗にDH制は関係ないと思うのだが。それはさておきDH制について、あらためて私の考えを述べておきたい。私はDH制導入時から、この制度には反対派の立場を貫いている。

 パ・リーグがDH制を敷いたのは、私が南海で兼任監督を務めていた1975年。メジャー・リーグではそれより2年前の73年、ア・リーグで採用されている。「攻撃型のチームを作る」とか「人気回復につなげる」とか何かと理由はつけていたが、要はアメリカのマネなのだ。

 そもそも野球は、9人で1つのチームを構成して戦うスポーツ。その大前提を破ることからして、おかしい。パ・リーグで採用されたとき、私も「それはルール違反だろう」と意義を唱えた。代打専門で生きている選手もいる。その選手の職場を、勝手なルールで奪うのはよくないと考えたためだ。

 野球は9人でやるからこそ、どこでピッチャーに代打を出し、誰をどう交代させるかなど、監督の手腕が問われるのだ。DHはその、采配の妙も消してしまう。ファンはもちろん、監督自身もつまらないだろう。9人制のほうが、監督の力量の差がより明らかになるのだから。

 DH制を導入し、確かにパ・リーグの野球は変わった。よく言えば豪快、しかし実のところ、セ・リーグに・・・ 本文:1,964文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:11/22(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ