ここから本文です

古いMacBookやiMacの動作速度を、最新モデルのようにする7つの方法

11/22(金) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

どんなパソコンでも、長い間使っていれば気になるところが出てきます。

起動するのにサンドイッチが作れそうなほど時間がかかったり、最新のMacOSに対応していなかったり、リソースを多く使う新しいソフトは動作が遅かったりすると、Macが古くなった証拠だとわかります。

【全画像をみる】古いMacBookやiMacの動作速度を、最新モデルのようにする7つの方法

しかし、まだ新しいMacを買わずに済むかもしれません。

そのMacを使っているのには何かしらの理由があるでしょうし、古いMacBookやiMacの寿命を少し伸ばす方法もあります(無料と有料のどちらも)。

今回は、古いMacの動きを速くしたり、リフレッシュしたりする方法をお教えします。

1. SSDをアップグレードする

古いMacをアップグレードするなら、間違いなく古いハードドライブをSSDに交換するのが一番です。

古いMacのロジックボードに付いていないハードドライブを、SSDに交換するのは比較的簡単です。

古いハードディスクドライブと違って、SSDには内部に稼働部分がありません。

SSDによってスピードが速くなると、ボード全体のパフォーマンスが向上します。Macを起動するにしても、アプリを開くにしても、ファイルを移動するにしても、SSDの恩恵を実感するでしょう。

自分のOSに互換性のあるドライブを探すには、CrucialのMac用のSSDやOWCのSSDハブのようなページの情報を見て、事前に確認しましょう。

ほとんどのMacBookは、ネジを数カ所外すだけでSSDに交換できますが、古いモデルのiMacには、そのように交換しやすいハードドライブではないものもあります。

どんなタイプのMacでも、サムソンのドライブ「860 EVO 500GB」を選んでおけば間違いありません。

2. RAMを増設する

SSDの交換の次は、RAMの増設です。

SSDはMac全体のパフォーマンスを向上させますが、RAMの増設をすると、一度に多くのプログラムを実行しても速度が遅くなりません。

音楽を聞きながらブラウザでいくつもタブを開いたり、Photoshopのような重たいアプリを使ったする人は、RAMを増設するといいでしょう(すでにたくさんのRAMを積んでいる古いMacBook Proでも)。

SSDと同じように、自分のMacのスペックを確認する必要があります。

画面左上のAppleメニューから「このMacについて」を開き、自分のMacの型番と現在どのくらいRAMが積んであるかを確認しましょう。

それから、OWCのMac用のRAMのページを開き、自分のMacと互換性のあるRAMを探しましょう。

またこのページでは、自分のMacに搭載できる最大のRAMの容量もわかります。場合によっては、Appleが明記している限度は超過しても問題がないこともあります。

Amazonで購入する場合は、そのRAMが自分のMacで動作するものか、きちんと確認しましょう。

1/3ページ

最終更新:11/22(金) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事