ここから本文です

優先席を譲らない大人がいたら? 小4が編み出した解決法が予想外すぎる〈AERA〉

11/22(金) 16:00配信

AERA dot.

 たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスでは現在、「選択」をテーマにしたプロジェクトに取り組んでいます。

【子どもたちが書き込むワークシートはこちら】

「人生は選択の連続である」を合言葉に、議論を通じて、身近な「答えのない問い」について考え続けています。

 プロジェクト2日目は、前回の授業を欠席した子がいたので、まずはじめに議論を進めていく上でのルールと意見の述べ方の基本型を全員で再確認することにしました。

<議論のルール>
(1)他人の発言をさえぎらない
(2)話す時はだらだらしゃべらない
(3)分からないことがあったら、そのままにせず質問する
(4)どのような意見であっても間違いと決めつけない
(5)最後まできちんと話を聞く

<意見の述べ方>
まず最初に結論を言い、その後でその結論となる理由を述べる

「つい普段の話し方になっちゃう時があるねんなあ」

 最上級生の男の子がポツリとつぶやきました。

 自分の考えを相手にわかりやすく説明したり、人の話にしっかり耳を傾けたりするのは意識しないとなかなか難しいもの。まだまだ慣れないようですが、自分自身を客観的に振り返ることができているのは素晴らしいことです。

 議論のルールの再確認を終えると、早速ケーススタディーに入ります。

「今日はどんなことについて話し合うんやろ?」

 たくらみキッズはそわそわしながらお題発表を待ちます。

 私は今回の議題として「電車の優先座席」について話し合うことを子どもたちに伝えました。

 車内で優先座席だけ空いているのを見つけたときに、周囲にお年寄りや体の不自由な方がいなければ、あなたならその優先座席に座るだろうかという内容で子どもたちに問いかけます。

 どちらの立場を取るか、そしてその理由はなぜなのか。

 彼らは早く発表したいというはやる気持ちを抑えながら、ワークシートに自分の意見を書き進めます。

 ワークシートを一通り書き終えたところで各自の意見を聞くと、全員が「座らない」を選んでいました。

「体が不自由な人が後から乗ってくるかもしれへんやん」

 この意見を聞き、他の子もうんうんとうなずきます。

「体が不自由な人が来た時に席を譲ればいいんじゃない?」

 私が素朴な疑問をぶつけると、「席が空いていないのを見て、がっかりさせたくない」という返事が返ってきました。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 16:00
AERA dot.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事