ここから本文です

映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R 」とはどんなバイクだったのか?

11/22(金) 17:03配信

モーサイ

最初のニンジャ「GPZ900R」と、最強のニンジャ「H2」が映画で共演する記念に

2019年11月22日訂正:多気筒エンジンにおけるサイドカムチェーンの採用はヤマハGX750が先で、量産車初という記述は誤りでした。修正のうえお詫び申し上げます。

「Z」と並び、カワサキを代表するブランドの「Ninja」。

その元祖と言えば、映画『トップガン』でトム・クルーズ演じる主人公マーベリックの愛車としても登場し、一躍世界的に有名になったGPZ900Rです(*)。

ちなみに、2020年夏に公開される『トップガン』の続編新作『トップガン マーヴェリック』にもGPZ900Rは登場するんです!
『トップガン マーヴェリック』のPVには、マーベリック(変わらず演じるのはトム・クルーズです!)がガレージでバイクカバーをめくると、その中にはあのときのGPZ900Rが……というシーンが。公開が待ち遠しい!

*:正確には「GP」のロゴが大きく、「Z900R」のロゴが小さい。そのためA1型、A2型は「GPz900R」と表記される場合もある。1986年から発売のA3型から「GPZ900R」のロゴの大きさが全て同じに。

ちょっと話がそれましたが、カワサキはGPZ900Rの車名に「Ninja」と付けるなんてことは考えていなかったものの……北米カワサキのスタッフがGPZ900Rを初めて見たときに「こいつぁcoolだ!Ninja(忍者)にしようぜ!」(ちょっと意訳&想像入っています)と言ったことが「Ninja」命名のきっかけとなりました。

そのため当初は北米仕様のみ車名に「Ninja」が付いていましたが、GPZ900Rが人気を得ていくとともに、Ninjaのペットネームは日本を始めとする各国カワサキが使用する形となりました。
マシン自体の性能も高く、GPZ900Rは1984年発売のA1型から最終型となる2003年のA16型まで約20年に渡り各国のファンを魅了し続け、多くの国で「ベストモーターサイクル・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

1/4ページ

最終更新:11/22(金) 23:16
モーサイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事