ここから本文です

平日会社員の夫婦が、料理家として本を出せた裏側

11/22(金) 20:34配信

ESSE-online

夫婦そろって平日は会社員をしながら、料理家でもあるぐっち夫婦。遅く帰ってきてもさっとつくれて、味も満足できる簡単レシピを日々発信しています。

「いい夫婦」である本日11月22日には、初の料理本も発売。インスタグラムを始めて2年でフォロワー20万人超、書籍発売にまで至ったおふたりに、料理制作の裏側や普段の家事分担について聞きました。

寝る前にシンクの洗い物ゼロに!これが唯一のルールです(ぐっち夫婦)

Q1.現在のお二人の料理家としての活動を教えてください。

メディアでのコラム連載や食品・料理器具メーカーのレシピ開発、イベント登壇などさせていただいています。最近では動画制作やオンライン料理教室なども行うようになりました。

Q2.インスタグラムでは毎日レシピを投稿していますが、大変ではないでしょうか。

毎日更新しているインスタグラムの投稿は、朝に調理、撮影していることが多いんです。料理が大好きなので大変ではないんですが、時間との戦いです(笑)。平日の夜は外食に行くことも! いろんなお店に足を運ぶことで普段のレシピ開発に役立てています。

そして、会社がお休みの土日は最近力を入れている料理動画の撮影やコラム執筆、クライアントと共同開発したレシピの撮影などをしています。

Q3.会社員と料理家の2足のわらじはとても忙しそうです。夫婦間での家事の分担はどのようにしていますか。

家事の分担ははっきり分けてはいないんです。手があいている方が自然と家事をするようになっています。たとえば、夕飯をつくっている間、手があいた方が食器を洗うとか、少しでもあいた時間を見逃さないのも、いまの生活を回すのに重要ですね。

唯一存在するルールが「シンクの洗い物をゼロにしてから寝ること」。これができているのといないのでは、1日のスタートの切り方がぜんぜん違いますよ!

Q4.書籍化の話を初めて聞いたときの気持ちを教えてください。

素直にうれしかったですね。書籍は書店で買うもの、と思っていたのでまさか書籍を出す側になるとは思っていなかったです。
もともとSNSでレシピを発信するようになったきっかけは、二人とも料理が大好きで、おいしくできた毎日の料理写真をなにげなく投稿するようになったこと。これが今回の書籍化につながったり、ほかの料理家の仕事にもつながっています。SNSの投稿を続けてきてよかった、とも思えました。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 20:34
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事