ここから本文です

レクサスがブランド初の電気自動車「UX300e」を公開! 走りと環境性能を両立

11/22(金) 11:42配信

WEB CARTOP

EVの潜在能力を生かし日常使いと走りの二律双生を目指した

 レクサスは2019年11月22日~12月1日に開催される中国・広州モーターショーでレクサス初の電気自動車(EV)市販モデル「UX300e」を世界初公開した。UX300eは2020年以降に中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は2021年前半を予定する。

レクサス「UX300e」の内外装!

 2005年にRX400hを発売以降、レクサスは電動化技術のパイオニアとして優れた走行性能と環境性能の両立を追求してきた。今年の東京モーターショーでは電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、ユーザーにクルマがもたらす楽しさや喜びを提供し続けることを目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表している。

 ハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸としてパワートレインやステアリング、サスペンション、ブレーキなどを統合的に制御する。これによって走行シーンに応じた駆動力コントロールを行い、理想的な車両姿勢を実現。より安心安全で運転する楽しさを感じられるクルマの提供を目指すとした。

 このビジョンのもとで初のEV市販モデルとなるUX300eは、EVの潜在能力を生かしてクルマの根源的な価値を磨き上げるべく開発を進めてきた。コンパクトクロスオーバーUXが持ち味としている個性的なデザインや高い利便性、取り回しのしやすさはそのままに、レクサスのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求。最新のコネクティッド技術を採用し、EVとしての価値を最大化しながら運動性能や日常の使い勝手などの両立を図った。

 ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速と高出力モーターによる優れた加速性能を両立したほか、運動性能に関しても大容量バッテリーを床下に配置することで低重心化と航続距離400kmを実現する。ドライブモードセレクトによって、ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングを味わえる。またパドルシフトにより減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができるなど、EVの特性を最大限生かしながら自然な操作性を実現している。

 さらにTNGAによって生み出されたGA-Cプラットフォームの高い基本性能をさらに磨き上げるため、UX300eではブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力最適化などEV化による運動特性の変化に合わせて細部に至るまでチューニングした。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 18:47
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい