ここから本文です

和歌山市 [和歌山県] 城下町に外国人観光客が増加中

11/22(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

<2019年11月30日号> 和歌山県の県庁所在地・和歌山市は県北部、紀の川の河口域にある人口35万6000人の中核市である。和歌山市は豊臣秀吉の弟・秀長が1585年に和歌山城を築城してから本格的に開けた街で、江戸時代には徳川御三家の1つである紀州徳川家によって治められ、城下町として発展した。その名残は、住所に「丁」がつく武家町と、「町」のつく商人町に分かれているところにも見られる。 本文:1,308文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

牧野 知弘 :不動産事業プロデューサー

最終更新:11/22(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る