ここから本文です

前進しないエバートンの堂々巡り【サッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

11/22(金) 21:29配信 有料

SOCCER DIGEST Web

明るい未来に想いを馳せてサポーターは胸を躍らせた

昨シーズンに続いてスタートで躓き、降格圏付近に低迷するエバートン。充実の陣容を持て余すばかりのシウバ監督(左)は、いつ解任されてもおかしくない。(C) Getty Images

 その場でグルグルと回り続けているようだ。移籍市場に大金を投じては失敗を繰り返すエバートンは、その堂々巡りから脱してトップ4入りの野望を叶えられるのか。明確なビジョンを描くことだと、ケイ記者は指摘する。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2019年11月7日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 2019年1月4日、エバートンの年次株主総会がリバプール市内で開かれた。ちょうどチームが不振に喘いでいた時期だった。直近の8試合はわずか1勝で、プレミアリーグの10
位に低迷していた。新任のマルコ・シウバ監督に対する風当たりは厳しさを増すばかりだった。イラン系英国人で筆頭株主のファルハド・モシリは総会の場で、チームの現状について「まったく十分ではない」とはっきりと口にした。

 その後、後半戦に巻き返したエバ 本文:5,169文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:11/22(金) 21:29
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る