ここから本文です

ドイツが世界に誇る「2人目の宝」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

11/22(金) 22:10配信 有料

SOCCER DIGEST Web

1試合当たり0・91ゴールという歴代屈指の得点率を

レーブ監督が「毎試合プレーするだろう」と発言するなど、代表で不動の地位を築きつつあるニャブリは、新世代の旗頭となる存在だ。(C) Getty Images

 圧巻だったのが、4ゴールを挙げたCLトッテナム戦のパフォーマンス。入団2年目のバイエルンだけでなく、いまや代表でも重要な戦力に成長したニャブリは、クロップとともに世界に誇れるドイツ・サッカー界の宝だ。(文:ルドガー・シュルツェ/訳:安藤正純 2019年11月7日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

 ゴールセレブレーションは選手によってさまざまだ。なかでも個性的なのが、セルジュ・ニャブリのパフォーマンス。左手を皿に見立てて、その皿の中身をスプーンでかき混ぜるように右手をグルグル回す。これはNBAのヒューストン・ロケッツのスター選手、ジェームズ・ハーデンを真似たもので、“クッキングセレブレーション”とも呼ばれている。

 そのパフォーマンスを何度も目にすることになったのが、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグル 本文:4,501文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:11/22(金) 22:10
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ