ここから本文です

イングランド、エディーHCが「最高のイベントだったよ」と断言したスポーツ体験とは?

11/22(金) 19:33配信

THE ANSWER

英ラジオ局のインタビューにエディーHCが登場

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で準優勝したイングランドを率いたエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)が、英ラジオ局「トークスポーツ」の公開インタビューに登場。過去最高のスポーツ経験として、意外な答えを返している。同局の電子版が伝えている。

【画像】日本大会で大流行!? 「絶賛の逸品」と海外メディアが紹介した“意外なメイド・イン・ジャパン”の写真

 前回大会では日本代表を率い、南アフリカを撃破する“ブライトンの奇跡”を起こしたエディーHC。今大会では前回大会でプール戦敗退だった、ラグビーの母国イングランドを決勝戦まで導いた。

 そんな名将にとって、過去最高のスポーツ体験とは――。興味深い質問に対してどう答えているのか。記事ではこう説明している。

「サッカーについて議論を交わしていた最中、ジョーンズは最後に見た試合は有名なリバプールがバルセロナを破った先シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝、と述べ今までで一番の最高のスポーツ体験と付け加えた」

ラグビー界の名将が語った「最高のスポーツ体験」とは

 昨シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝。第1戦では敵地カンプノウで0-3で敗れ、絶望的な状況に追い込まれてたリバプールだったが、ホームに戻った第2戦で4-0。2戦合計4-3と奇跡の逆転決勝進出をやってのけた“アンフィールドの奇跡”を挙げたのだ。

 エディーHCは「最後に見た試合はあのチャンピオンズリーグ準決勝だった。リバプール対バルセロナのアンフィールドでの試合」と説明し、「今までで最高のスポーツイベントだったよ!」と興奮気味に語っていたという。

 さらに実際の体験談として「雰囲気がもう、レストランを去る時ウェイトレスだった女の子たちが泣いていたよ」と回想。続けて「あの場所が持っている感情は信じられないものがある」と感慨深い様子だったようだ。

 競技は違えど、同じフットボールで起きた奇跡は名将の心に確かに刻まれた様子だ。

THE ANSWER編集部

最終更新:11/22(金) 19:33
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事