ここから本文です

「圭さんやったよ!」横浜流星、今季4度目晴れ舞台の“受賞ラッシュ”に喜びメッセージ

11/22(金) 5:00配信

ザテレビジョン

俳優の横浜流星が11月21日、自身の公式Instagramを更新。この日都内で行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2019」授賞式に登壇し、「ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞したことをファンに報告した。ハッシュタグには「#圭さんやったよ!」の言葉も…。「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)で共演した田中圭に、喜びのメッセージを送った。

【写真を見る】仲のよい平野紫耀(King & Prince)と笑顔で再会を喜ぶ横浜流星

■ 今秋4度目の“晴れ舞台”でも謙虚

この日の深夜、Instagramを更新し「『GQ MEN OF THE YEAR 2019』の授賞式に参加し、ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞を頂きました!!この賞に恥じないよう全力で頑張ります。」とコメントした横浜。

ハッシュタグでは「#光栄です」「#圭さんやったよ!」「#平野紫耀 と久々の再会」「#素敵な方々にお会い出来て」「#嬉しかった」のメッセージも。「あなたの番です-」で共演し、今もプライベートで交流があるという田中に加え、映画「honey」(2018年)で共演した平野紫耀(King & Prince)と授賞式で再会したことも報告した。

今秋、横浜が授賞式に登壇するのはこれで4回目。10月28日には「東京ドラマアウォード2019」助演男優賞を、11月13日には「第32回 小学館DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞を受賞。さらに11月1日には、雑誌『日経トレンディ』が選ぶ「2019年“今年の顔”」の栄誉を授けられた。

そして今回、「GQ MEN OF THE YEAR 2019」授賞式の檀上でトロフィーを受けた横浜。「世界中に注目されていて名誉のある素敵な賞をいただけて、光栄に思います。今年は本当に、ありがたいことに賞をいただくことが多くて、でも、この状況に自分が一番驚いてます」と戸惑いの表情も浮かべつつ、「本当に、たくさんの方々に支えていただいたからこそだと思っているので、感謝の気持ちでいっぱいです。これからもさらにもっと上を目指すために、自分の今やるべきことを全力でやって、頑張っていきたいと思います」と謙虚に意気込んだ。

■ 受賞ラッシュ!2019年“今年の顔”

今年はほかにも、「2019年 上半期ブレイク俳優ランキング」1位(オリコン調べ)、「マイナビティーンズ 2019年上半期 ティーンが選ぶトレンドランキング」<ヒト篇>1位、「JK・JC流行語大賞2019上半期」<ヒト部門>1位、「第100回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞」など、数々の賞やランキング1位に輝き、名実ともに“2019年 今年の顔”となった横浜。

現在はドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)に出演中。大きく飛躍した1年を経て、2020年は1月期ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系)でドラマ初主演を飾るほか、吉高由里子とのW主演映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(2020年秋公開)が控える。檀上で、そしてファンに向けてInstagramでさらなる飛躍を宣言した横浜の2020年に期待が高まる。

「GQ MEN OF THE YEAR 2019」は生き方、仕事、スタイルにおいて「GQ JAPAN」読者をインスパイアし、その年に各分野で圧倒的な活躍を見せた男性を表彰する賞。今年で14回目を数える。

横浜は、1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)を皮切りに、主演映画「愛唄-約束のナクヒト-」「チア男子!!」「いなくなれ、群青」、7月期ドラマ「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)などさまざまな作品で多彩な表情を見せたことが高く評価され、「ニュー・ジェネレーション・アクター・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞した。

また、今年は横浜のほか、俳優の賀来賢人、草刈正雄、ムロツヨシ、アーティストのKing & Prince、漫才師の霜降り明星、ラグビーW杯2019日本代表の田村優、トンプソン・ルーク、松島幸太朗、リーチ・マイケル…といった面々が各部門の受賞者として登場した。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/22(金) 5:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事