ここから本文です

ビートたけし弟子が愛人をパワハラで提訴 「これ以上殿を孤立させないために」実名告発

11/22(金) 8:00配信

デイリー新潮

弟子が実名告発! ビートたけしを幻惑する「愛人」の手練手管(3/3)

「世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば」――。ビートたけし(72)の運転手を8年にわたって務めてきた石塚康介さんが、真実を“告発”する。「彼女」とは、たけしの愛人とされる横井喜代子氏(仮名)のことを指す。横井氏からのパワハラで自律神経失調症を患ったという石塚さんは、10月23日、彼女と「T.Nゴン」を相手に提訴に踏み切った。

【音声】たけし、「刀出せ!」の激高

 ***

〈横井氏からのパワハラが悪化したのは、今年5月頃からだったと石塚さんは振り返る〉

 まず彼女の指示で、私は車を自由に使えなくなりました。それまでは、殿を現場に送り、また迎えに行くまでの間に、車で殿の薬を薬局に取りに行ったり、絵を描くのが好きな殿から「青い絵の具を買っといてくれ」と頼まれて買いに行ったりすることができました。ところが横井さんは、現場送迎は車でやっていいが、お使いは電車やバイクなどに乗り換えて行くように指示してきた。お使いは全て殿のためのものなのに。

 そうかと思えば、現場には付き人やマネージャーが常にいるにも拘らず、彼女は私にもずっと現場にいて、殿を見ておくようにと指示する。私は現場から動けなくなり、ガソリンの給油すらまともにできないほど拘束されるようになりました。

 また、こんな「メガネ事件」もありました。5月1日のことです。殿のメガネの修理をお願いしていたお店から「直りました」との連絡があったので、殿に確認を取った上で受け取りに行き、殿に手渡しました。

 ところがその日の夜、23時過ぎに彼女からメールが送られてきた。〈メガネは私が頼んだので、私にお渡し下さい〉と。殿が使うメガネを、いちいち横井さんを経由しろというのです。どうしてこんな面倒なことをしなければならないのか。翌日も、彼女から電話を寄越すようにとのメールが来て連絡すると、またメガネの件を執拗に説教されました。電話を切っても、同じ内容のメールが届く……。彼女がいない時代は、殿と直接やり取りすれば事は済んだのに、横井さんが間に入るようになり、仕事の能率を下げるようなことばかり言われるようになってしまいました。

 この頃から、毎朝必ず午前11時に横井さんに電話するよう、彼女自身に命じられました。ところが、電話しても横井さんは寝ているのか出ないことがままある。そうかと思えば、11時には出勤し、殿を送る車の準備をしていると、彼女が「なぜ、11時に連絡しない」と電話で詰問してきたこともあります。殿と横井さんが暮らしている自宅兼事務所の等々力ベースに、私はもう出勤しているんです。つまり、彼女と私は同じ敷地内にいる。それなのに、なぜ連絡しなければならないのか意味不明です。

 要は、横井さんは「自分の思うがまま」にならないと気が済まない。もはや、全権を握っているのは殿ではなく、横井さんとしか感じられなくなっていました。

〈「T.Nゴン」は、代理人弁護士を通じ、パワハラ等について「事実はございません」などと否定するのだが……。〉

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 9:15
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事