ここから本文です

秋山、筒香、菊池の年俸を予想する。単年契約で力を示す、という手も?

11/22(金) 11:51配信

Number Web

 2019年11月の時点で、秋山翔吾外野手、筒香嘉智外野手、菊池涼介内野手の野手3人が「メジャーリーグ挑戦」を表明している。

秘蔵写真! 2009WBC決勝・韓国戦。伝説のイチロー決勝打、ダルの咆哮、原監督の名采配、必死な稲葉、内川…甦る10年前の勇姿。

 実現すれば、今春の日本開幕戦で引退したイチロー以来の「日本人野手」誕生となるが、いくつかの報道を見る限り、メジャー球団が提示する条件次第では古巣に戻る選択もあるそうだ。

 代理人の仕事は「より良い条件」を求めることなので、メジャー球団の提示がそれを満たしていなければ、選手=クライアントに「メジャー挑戦」を進言するのは難しい(選手本人が夢や希望を最優先するなら、話は別だが)。

 まず大前提として、「レギュラーとして出場する確約」や「マイナーリーグに落ちない確約」などというのは、選手同士が競争する権利を奪うので有り得ない。

 過去にメジャーへ移籍した選手の例でも分かるように、どんなに高額の契約が取れても、しっかり結果を残さなければ控え選手になることも、マイナー降格することも充分に起こり得る。

 だから、代理人が求める条件とはすなわち、契約金や年俸を含む総額、つまり「金」の話になる。

秋山、筒香、菊池の年俸は?

 秋山の2019年の年俸は2億3500万円、筒香は4億円、菊池は2億4000万円と過去の報道にあるので、そのあたりが彼らの「メジャー挑戦」が実現するか否かの境界線になるかも知れない。

 フリーエージェント(FA)の秋山は、埼玉西武ライオンズでの9年間で通算打率.301、出塁率.376、長打率.454(OPS.829)、116本塁打、112盗塁という好成績を残している。

 年齢(来年32歳)を危惧する声もあるようだが、「典型的なリードオフヒッター」を求める球団にとっては、彼の高い出塁率は何よりも魅力である。

秋山と似たケースを探してみると。

 秋山と似たような「俊足好打」タイプで、今季までダイヤモンドバックスで平野佳寿投手の同僚だったジャーロッド・ダイソン中堅手(35歳)の今季年俸350万ドル(1ドル110円換算で3億8500万円、以下同様)ならば、秋山の今季年俸を上回っているので「好条件」と言える。ダイソンは33歳のシーズン終了時に、契約金50万ドルを含む2年総額750万ドルで契約している。

 今オフ、FAになる選手で、ダイソンより高額の契約をしていた中堅手は、25歳の時に5年総額2355万ドル以上の契約をした年俸900万ドル(9億9000万円)のワァン・ラガレス(30歳 メッツ)や、年俸525万ドル(5億7750万円)のビリー・ハミルトン(29歳 ブレーブスほか)などだ。

 それらの選手を除外して、FA市場にいる中堅手の今季年俸を調べると、今季200万ドル(2億2000万円)のジョン・ジェイ(34歳 ホワイトソックス)、中堅手ではないが、巨人入団が決まったヘラルド・パーラ(32歳 ナショナルズ)の同175万ドル(1億9250万円)など、あまり評価が高いとは言えない。

1/3ページ

最終更新:11/22(金) 11:51
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事