ここから本文です

若虎たちが挑むウインターリーグ。藪恵壹が求める未来への目的意識。

11/22(金) 20:01配信

Number Web

 2019年シーズンの新人王がもうすぐ発表されますね。私は、阪神タイガースのドラフト1位ルーキー、近本光司が盗塁王とのダブル受賞を果たすと予想しています。ただ、有力なライバルであるヤクルト・村上宗隆の存在も見逃せません。

【秘蔵写真】春夏連覇を達成した藤浪にヤンチャそうな森友哉、やっぱりクールな鳥谷、来季に期待したい根尾……プロ野球選手の若き日。

 その村上が昨年、今シーズンを予感させる活躍を見せたのが、台湾で開催されるアジアウインターベースボールリーグ(ウインターリーグ)です。大会トップとなる15打点の成績を残し、NPBイースタン選抜を2年連続の優勝に導きました。他にも昨年の大会では、ロッテの'17年ドラフト1位・安田尚憲、最高打率(.392)のヤクルト・塩見泰隆、決勝ラウンド3試合で5安打2本塁打8打点の大活躍を見せた楽天・岩見雅紀らが活躍しました。

 オフシーズンとなる11月、12月の期間に実戦経験を積める貴重な機会。次のシーズンにつながる、登竜門的な位置づけと言ってもいいでしょう。

苦しんだ根尾昂、期待の砂川リチャード。

 今年のウインターリーグは、23日に開幕を迎えます。今年のNPBのチーム分けはイースタン、ウエスタンではなく、RED(ソフトバンク、楽天、西武、ヤクルト、オリックス)とWHITE(巨人、ロッテ、中日、横浜、阪神)になっています。

 中でも注目は中日の根尾昂でしょう。4球団競合のドラフト1位として華々しいプロ入りでしたが、今シーズンは怪我で出遅れるなど苦しみました。外野の練習も開始しているとのことですし、この大会できっかけをつかんでほしいところですね。

 REDで注目しているのは、ソフトバンクの期待株・砂川リチャードです。育成2年目ですが、王貞治球団会長が自ら「ホームラン6本」のノルマを課していました。元米海兵隊員の父を持つハーフで188cm、113kgの巨漢と聞けば、期待も高まります。

タイガースから出場する選手は?

 さて、タイガースからは、WHITEに5選手が参加しています。

 ピッチャーは、馬場皐輔と牧丈一郎の2人。馬場は'17年のドラフト1位ですが、2シーズンを終えて今のところ目立った活躍がありません。変化球は良いものを持っていますから、軸になる真っ直ぐをしっかりと磨く機会にしてほしいところです。

 出場を回避した齋藤友貴哉に代わっての参加となった牧は、来季育成契約を結ぶことが決まりました。唯一の高卒としての入団でしたが、身体が一番大きかったことを覚えています。せっかくのチャンスですから、再び支配下を勝ち取れるような絶好のアピールの場になれば良いですね。

 7月に育成から支配下登録となった捕手の片山雄哉は、ルーキーながら打力には目をみはるものがあります。振りも鋭く、すでに一軍レベルと言ってもいいでしょう。ただ、いかんせんスローイングに難があり、キャッチャーとして使えるかというと……。ここはぜひ、他球団コーチを利用して学んでほしいと思います。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 20:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事