ここから本文です

カルディコーヒーファームで買える 【リピ決定】のマレーシア食品ガイド

11/22(金) 11:00配信

CREA WEB

焼いた鶏肉にのせるだけでもOK簡単マレーシア料理を作ろう

 出かけた先の駅や立ち寄ったデパートで見つけると、体内ボタンがポチッと押されたように自然に足が向かってしまう店があります。

 カルディコーヒーファームです。

 私が店内を回るルートはたいてい決まっていて、ワインコーナー、生ハムの冷蔵棚、さらに種類豊富なパスタソースや国産調味料をチェックしてテンションが上がってから、いざ、本命のアジア食品コーナーへ。

 タイやシンガポール、ベトナムのものが多く並んでいますが、マレーシア産の食品もちゃんと販売されているんですよ。

 それでは、これらのマレーシア食品をひとつひとつ紹介しましょう。手軽に使えて、食卓をパッと華やかにしてくれる優れものばかりです。

旨辛のアジア飯が簡単に作れるマレーシア産のお役立ちアイテム

 マレーシア人なら誰もが知っているメジャーな食品会社「Yeo’sヨウ」と「AYAMアヤム」。

 カルディならクッキングペーストから缶フードまで揃っています。 

 ナシゴレン1人前を作る場合は、ご飯茶碗1杯に大さじ1~1.5のナシゴレンペーストを加えて炒める。具は海老、玉ねぎ、小松菜、卵など。

 ふわっと広がる海老の香りに、刺激的な辛子の辛み。乾燥海老、唐辛子、玉ねぎ、にんにくなど多種の食材で作られたペーストは、まさにマレーシアの味! 残業で疲れていても、このペーストさえあれば南国に飛んでいけます。

 ピーナッツをベースに、酸味のあるタマリンドや香辛料で作られたサテーソース。口に入れた瞬間は甘く、後からしっかり辛さが味わえる本格派。

 きゅうりや玉ねぎにも合うので、このソースひとつあれば、肉も野菜も食べられるワンプレートになります。 ヨウ ブラックペッパーソースは、えびや牛肉を炒めるときに加えるのがおすすめ。抜群の香りと、パンチの効いた辛みでお酒がすすみます。

この缶さえゲットできれば現地の定番サンドイッチも簡単

 「アヤム いわしトマトソース煮」はマレーシア人家庭の常備食。唐辛子と炒めてご飯のおかずにしたり、サンドイッチの具にしたり。

 今回はマレーシアのサンドイッチ「ロティジョン」を再現。

 溶き卵にほぐしたいわしを混ぜてフライパンで焼き、半分ほど火が通った状態でフランスパンを開いてのせ、卵をパンに染みこませながら焼き上げる。きゅうり、トマト、パクチーをはさみ、味つけはマヨネーズとスイートチリソース。

 フランスパン(現地ではコッペパン)を使った「ロティジョン」を紹介しましたが、食パンのサンドイッチの具にもマヨネーズと混ぜてどうぞ。さばは身がしっかりしているので、カレーの具やオーブン焼きにおすすめです。

1/2ページ

最終更新:11/22(金) 11:00
CREA WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事