ここから本文です

筋トレを小さくはじめて習慣化するコツ

11/23(土) 10:01配信

ライフハッカー[日本版]

エクササイズや筋トレをする時間がない?

お仲間ですね!

そんな時間がないあなたによい解決策があります。「エクササイズ・スナック」です。

つまり、スナック(軽食)サイズのエクササイズです。

たとえば、

近所を歩く

オフィスで誰も見ていないすきに腕立て伏せをする

部屋の出入り口にプルアップバーを取り付けて出入りするたびに1~2セットこなす

などのこと。

スナックが何の役に立つかって? それは、あなたが今どんな運動習慣を持っているかによって変わります。いま何も運動をしていないなら、スナックは運動の習慣を始める良いきっかけになってくれるでしょう。

最近、筋トレから遠ざかってしまっているという人は、スナックをすることでジムが恋しくなるかもしれません。

そして、現在、決まったスケジュールでワークアウトをしているという人は、スナックは文字通り、健康的なおやつとして楽しさと満足を与えてくれることでしょう。

手軽にできて汗もかかない

スナックの素晴らしい点は、気負わなくても取り組めるところです。基本的に汗もかきませんので、ウェアに着替える必要はありません。

ダンベルを10セットだけしてすぐデスクに戻るだけなら、覚悟も気合も必要ないですね。

私自身、子どもが生まれてからジムに通えなくなっていたのですが、数年前からこうしたスナックを利用してまた運動を始めることができました。

こちらが現在の私です。ポーチにはダンベルが2つ置いてあり、出入り口にはプルアップバーを取り付けてあって、ときどきそこでスナックを行います。

この記事を書く前には、近所を歩いていました。

ですので、あなたもぜひスナックを試してみてください。運動はオール・オア・ナッシングである必要などないのですから。

Image: Shutterstock

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文]

伊藤貴之

最終更新:11/23(土) 10:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事