ここから本文です

寅さんが帰ってくる。ビームス×『男はつらいよ』コラボ、待望のフルラインナップ !

2019/11/23(土) 11:30配信

Casa BRUTUS.com

12月27日に奇跡の新作が公開になる山田洋次監督作・映画『男はつらいよ』と〈ビームス〉のコラボレーションアイテム第2弾! 新宿の〈BEAMS JAPAN〉、そして12月5日オープンの〈BEAMS JAPAN 渋谷〉には、特設コーナーも出現する。

社長の設楽洋自身がシリーズの熱烈なファンでもある〈ビームス〉による「男はつらいよ」コラボアイテム第2弾は、“車寅次郎”という稀代のキャラクターを、より直接的に表現したラインナップに。

冬の日、おいちゃん、おばちゃん、妹のさくら、その夫の博とともに卓袱台を囲みながら、旅先での思い出を語る寅次郎が羽織っていた”どてら”を模した、ジャガード織りのダウンジャケット。日本全国津々浦々のマドンナたちの元へと寅次郎を導いた雪駄を彷彿とさせる、鼻緒のあるスニーカー…。

「先行き不透明で重く停滞した気分のこの国に生きるぼくたちは、もう一度あの寅さんに会いたい、あの野放図な発想の軽やかさ、はた迷惑を顧みぬ自由奔放な行動を想起して元気になりたい、寅さんの台詞にあるように『生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ』と切実に願って第50作を製作することを決意した」(山田洋次)

監督・山田洋次がそう願いながらメガホンを取ったのと思いを重ねるように、〈ビームス〉ならではのファッションアイテムを通して、寅次郎にしかない温もり、匂い、存在感を、2019年の現代へと甦らせている。

〈NEW ERA〉によるポーチや、「男はつらいよ」別注版のオビツ・キューピー、〈木村硝子〉の酒コップや多治見市産の徳利など、様々なブランドやメーカーとのキュートなコラボレーションアイテムも充実。シリーズ過去作のゆかりの地とのコラボレーションも多数あり、店頭でキャプションを読んだファンは、随所でニヤッとしてしまうはず。

また、12月5日~1月28日の期間、新宿の〈ビームス ジャパン〉、そして会期初日にグランドオープンを迎える〈渋谷フクラス〉内〈東急プラザ渋谷〉に誕生する〈ビームス ジャパン 渋谷〉で、ポップアップ展示を開催予定。週末には、寅次郎の実家の団子屋「くるまや」のモデルでもある柴又・帝釈天の〈高木屋老舗〉の草だんごも、限定パッケージで特別販売する。

まだ作品を観たことがない人は、これを機会にファッションや草だんごといった切り口からシリーズを味わい始めてみるのも乙。観てから着るか、着てから観るか。12月27日の『男はつらいよ お帰り 寅さん』の公開をさらに待ち遠しくさせる企画だ。

text_Housekeeper

最終更新:2019/12/5(木) 18:56
Casa BRUTUS.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事