ここから本文です

【相撲編集部が選ぶ九州場所13日目の一番】 照ノ富士(寄り切り)對馬洋

11/23(土) 9:04配信

ベースボール・マガジン社WEB

 13日目は幕下以下各段の優勝が決まる日。幕下は元大関の照ノ富士と日大相撲部出身の對馬洋が優勝を懸けて激突した。

【相撲編集部が選ぶ九州場所12日目の一番】 御嶽海(寄り切り)朝乃山

 勝てば10場所ぶりの十両復帰が決まる照ノ富士は、低く飛び込んだ對馬洋にモロ差しを許すが、左から抱え込んで小手投げで崩し、右をねじ込もうとする。對馬洋も蹴返しで脅かすが、照ノ富士はさらに左から小手投げを放って、右を深く差し込むと左上手も取って胸を合わせる万全の体勢から寄り切った。

 少し目を潤ませて花道を引き揚げてきた照ノ富士は、一緒に間垣部屋から伊勢ケ濱部屋へ移籍した兄のような存在の幕下呼出し照矢と抱擁。大勢の記者を引き連れて支度部屋に戻った。

「うれしいです。新十両が決まったときよりもうれしい」と照ノ富士の第一声。両ヒザのケガと糖尿病で、あっという間に大関から幕下以下に陥落。「もう辞めたいという気持ちもあった」と引退に傾いたこともあったが、序二段から再起を目指した。

 元大関が序二段で取るなんて、と批判の声もあったが、師匠の伊勢ケ濱親方(元横綱旭富士)から「もう1回やるんだ」と励まされた。「親方やおかみさん、落ちても変わらず応援してくれる人のためにも、もう1回頑張ろうと思えた。こういう結果につながってよかった」と照ノ富士は安堵の表情を見せた。

 しかし、十両復帰は通過点。「まだ、思いどおりの相撲は取れていないけど、ちょっとずつ体調はよくなっているので、もう少しやれると思っている」。

 NHKの優勝インタビューを待つ間、土俵では白鵬が横綱土俵入りを行っていた。「もう一度、対戦したいなあ」とつぶやく照ノ富士。「どこまで戻れるかわからないけど、夢を見てやらないとね」。今月29日に28歳となる元大関は、幕内上位を目指して進んでいく。

文=山口亜土

相撲編集部

最終更新:11/23(土) 9:04
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事