ここから本文です

12月8日は日産ファンの祭典「NISMOフェスティバル2019」! ハコスカからSUPER GTマシンまで勢揃い

11/23(土) 10:10配信

Auto Messe Web

レーシングカーのデモ走行からGT-RやZの歴代名車まで

 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)主催によるイベント「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY2019」が、12月8日(日)に富士スピードウェイにて開催される。

【写真】NISOMOフェスティバルに登場するリーフのレーシングカー

 最新のレーシングカーをはじめ、かつて活躍したレーシングカーが勢ぞろいするニスモフェスティバルは、クルマ好きのユーザーやモータースポーツファンが「NISMO」ブランドや、NISMOの「レーシングDNA」を体感できるように趣向を凝らした催しが連続するイベントとしておなじみ。22回目となる今回も、カテゴリーや時代の枠を超えたレーシングカーによるデモ走行など、様々な企画が予定されている。

 特に今回の注目は、生誕50周年を迎えたGT-RとフェアレディZに関連した企画。自慢の愛車で参加する「オーナーズパーキング」や、1969年にJAF GPで優勝したハコスカから人気のグループA仕様のR32 GT-R、そして最新のSUPER GTを戦った車両、フェアレディZではレースカーからロードカーまで、多数の車両が参加。

また、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現した最先端のフォーミュラEマシンや「リーフNISMO RC」など、日産/NISMOを代表するクルマが一堂に会するほか、有名プロドライバーのトークショーなども行われ、期待が高まるところだ。

 他にも面白そうなコンテンツが用意される。

 まず、「グリッドウォーク(別途1人3000円)」はメインストレート上でレーシングカーを間近に見学でき、レーシングドライバーとも触れ合うことができる特別なセッション。

 「サーキットサファリ (別途1人3000円)」は、レーシングコースを走行するバスに乗車し、至近距離から迫力あるレーシングカーを見ることができる体感型イベント。

 そして「レーシングカー同乗走行(別途1人1万円)」では、レーシングドライバーが運転するレーシングカーに同乗し、スリル満点のサーキット走行が体感できる。

 他のイベントエリアでも、パーツメーカーやショップなどが出展する恒例のPR・物販ブースをはじめ、キッズイベントなど、日産&NISMOファンはもちろんのこと、ファミリーで楽しめるコンテンツが満載だ。

Auto Messe Web編集部

最終更新:11/23(土) 10:10
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事