ここから本文です

【プロレス】アイスリボン最高峰王座に挑む17歳、鈴季すずの覚悟

11/23(土) 9:16配信

ベースボール・マガジン社WEB

 女子プロレス団体「アイスリボン」の鈴季すずは昨年大みそかにデビューしたキャリア11カ月の17歳。「プロレスでハッピー!」をキャッチフレーズに掲げるアイス期待の新人レスラーだ。

 そんな彼女は11月23日、横浜ラジアントホール大会で団体の最高峰王座ICE×∞に初挑戦する。相手は今年のアイスリボンの顔、雪妃真矢。11・23横浜で5周年を迎えるトップ選手をキャリア11カ月の新人が挑戦するなんて普通ならあり得ない。

 しかし、すずはICE×∞王者・雪妃真矢に挑む。それも「すずならジャイアントキリングを起こしてくれるんじゃないか…」という期待とともに。

 夏から秋にかけてさまざまなアクシデントが起きたアイスリボン。良くも悪くも何が起きてもおかしくない状況にある。ICE×∞初挑戦を果たす17歳が奇跡の王座戴冠を果たす可能性もゼロじゃない。すず自身、団体を取り巻く現状や、自分に懸けられた期待の大きさをよくわかっている。わかっていて、それでもベルトを取ってアイスに新しい風景を描く、本気でこう思っている。

 中学卒業と同時に女子プロレスの世界に足を踏み入れた17歳。昨年夏には自転車事故を起こしてデビュー戦が延期になるなど様々なアクシデントもあったが、それらを乗り越え、愛らしいビジュアルに天性の明るさ、類まれなプロレスセンスを武器にレスラー人生最初の大一番に挑むすずのインタビューをお届けする。

キッカケは小橋建太プロデュース興行

――初めてプロレスに触れたのは?

すず 中学2年生の夏だったと思います。テレビで小橋建太さん(のプロデュース大会)のフォーチュン・ドリームがやってて。そこで初めてプロレスというものを見ました。

――見たのは偶然ですか?

すず 夜中に目が覚めてテレビつけたら、ポッと出てきて。最初は何の興味もなかったんですけど、なんとなく流してたら、あれ?って。なんかすごいデカい人が雄たけびをあげて暴れ回ってる…何これ?と思って。

――それに中2の女子が興味を抱いたと?

すず なんだ、これ? ビビビ?みたいな、フフフ。それでプロレスとはなんぞや?っていうのをインターネットとかで調べるようになって。動画も見ました。それで大日本プロレスさんを見るようになって。そこでデスマッチを知ったんです。

――中2の女子がデスマッチに…?

すず はい(笑)。デスマッチは見るほうも痛いじゃないですか。なんじゃこれ…って。あと、人間の体ってすごい丈夫なんだ、ちょっとやそっとじゃ壊れないんだとか思いました。

――すごい感想ですね(笑)。流血に引いたりしなかったですか?

すず なかったです。キャー、怖い…見れない…みたいな感じではなく、ガンガン見てました、中2の女子が(笑)。ガンガンデスマッチ見て、学校でプロレスのことを語ったり、デスマッチがどうのこうのって話すんですけど、誰も話が通じる子がいない(苦笑)。

――1人もいなかったですか?

すず いなかったですね。友だちをいかにプロレスの渦に引き込んでいくか、魅力を伝えていくかっていう感じで。

――何人かは引き込みました?

すず 引き込めませんでした(笑)。みんな、「あー、はいはい」「また言ってるよ」みたいな感じでしたね。

――ご家族は?

すず 父も母も小さい頃にテレビでやってたのを見たことがあるぐらいで。だから自分がプロレスを見始めたときはお父さんがビックリしちゃって、「ど、どうしたんだ?」って。でも、プロレスとかデスマッチの魅力を説明したら、お父さんもハマッちゃって、一緒に観戦も行きました。宮崎はほとんど来ないんですけど、大日本さんがたまに来て。

――そこで生デスマッチを?

すず はい。面白かったですねぇ。テレビの画面で見るのとは違うじゃないですか、音とか迫力も違うし。リングから降りて、目の前で殴り合ってるし。ヤバッって(笑)。そこからガッツリプロレスにハマりましたね。好きになったらこうなる(のめり込む)タイプなので、プロレスばっかり見てました。

1/6ページ

最終更新:11/23(土) 9:16
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事