ここから本文です

浜野謙太「世の中はもっと“なあなあ”な感じでいい」

11/23(土) 6:02配信

女性自身

大河ドラマ『西郷どん』と『いだてん』で演じた伊藤博文役が、「本人にそっくり!」と話題になった浜野謙太(38)。現在放送中のドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系・木曜22時~)では、主人公に恋するグルメマニアのサラリーマン役を演じていて、大河からラブコメまで、幅広いジャンルの作品に引く手あまたの俳優だ。

しかし実は彼、もともと俳優ではなく、当初はミュージシャンとして音楽一本で活動していた。もちろん、俳優として引っ張りだこになったいまでも、音楽活動が休まることはない。自身がリーダー兼ボーカルを務めるバンド「在日ファンク」がワンマンツアーの真っ最中だ。11月23日には、ヒューリックホール東京でオールラスト公演を迎える。

セットリストを決めるため、自分たちの楽曲を自分たち自身でディグって(掘り起こして)みたという浜野。すると、ある“気付き”があったのだという。

「自分たちが音楽を通して伝えたかったことたちの共通の住みかがなんとなくわかってきたんですよ。セットリストも、ただ盛り上がる曲やパワフルな曲を詰め込むんじゃなくて、自分たちが『これをやるとパワーが出る!』って曲順を作りました。ツアーに合わせて新曲も作ってるんですけど、あえて〆切をゆるくしていて。そうすると、曲を掘り下げることができるから、ちゃんと伝えたいことを表現できるんです。しっかり〆切を作らないと大変なことになるんじゃないかって思ってたんですけど、意外と落とし所はちゃんとあって。何でこれまでの12年間、この方法でやってこなかったんだろうって感じですよ(笑)」

それでは、浜野が音楽を通して伝えたいと思い続けてきたことは、なんなのだろうか。

「『困ってる人がいたら、みんなで助け合ってやっていこうぜ』ってことなんですよ。ある意味みんなもっと“なあなあ”でいいんじゃないかなって。最近はとくに、世の中の“不寛容さ”がすごく悲しいというか。家の近くに保育園を作ってほしくないとか、ベビーカーを電車に乗せないでほしいとか。なんか『人としてここまではちゃんと守ってやってください!』って強迫されてる感じ。だから『障害者に政治家はできません!』なんて言う人がいたりするのかなって。実はバンドってよく似たようなことが起こるんですよ。技術的に不慣れなやつに批判が集中して『お前、ここまではできるようになれよ!』って。でもそれだとぜんぜんいいサウンドは生まれない。それより『うまいか下手かは置いといて、俺らいい感じだな』って“なあなあ”な中でもうま味を感じてるほうが、結果としていいものができたりするんです」

また、今回のツアーは「おかんむりパワーツアー」と銘打っているが、そこにも浜野が日頃感じているこんな思いがこめられているのだとか。

「怒りの感情って、爆発してはい終わりじゃもったいないと思うんです。怒ることって話し合いのいとぐちというか、“グルーヴ”のきっかけなんですよ。実は以前、『ダンボール肉まん』って曲を作ったのも、そういう思いがあったからで。中国産の肉まんに、ダンボールが混入してたって話なんですけど。当時、日本の週刊誌とかワイドショーが、こぞって“ダンボール肉まん”って報道してたんですね。そのとき、こんなにインパクトのある言葉が生まれたのって、実はすごいことなんじゃないかって。ただ一方的に批判するとギスギスしちゃうだけだけど、そのへんをうま~く“なあなあ”にしたら、もはや日中合作の作品になるんじゃないかなって」

最終更新:11/23(土) 6:02
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事