ここから本文です

子どもが「今すぐYouTuberになりたい」と言ったら?|子どもがお金を稼ぐことを親たちはどう考えている

11/23(土) 9:03配信

サライ.jp

YouTuberや学生起業が話題となっている昨今。「子どもがお金を稼ぐこと」について子育てをしている保護者はどう考えているのでしょうか。地域コミュニティーサービス「マチコミ」を運営するドリームエリア株式会社が「子どもがお金を稼ぐこと」に関するアンケート調査を行いました。時代や取り巻く環境がダイナミックに変わっていく現代の親たちの意識を早速、見ていきましょう。

■8割の保護者が、自分の子どもがお金を稼ぐことに賛成

「お子さまがお金を稼ぐことについて、どう思いますか?(※稼ぐ方法に問題がないことが前提です)」と聞いたところ、自分の子どもがお金を稼ぐことについては、およそ8割の保護者の方が「賛成」と回答しました。

その中でも「学業に影響がなければ賛成」(66%)と回答した割合が高く、子どもがお金を稼ぐことについては概ね肯定的な考えの方が多いものの、あくまでも学業を優先した上でという意見の方が多いことが想像されます。

■子どもが「今すぐYouTuberになりたい」と言ったら、賛成は3人に1人

最近では子どもの将来なりたい職業ランキングにもランクインすることがあるYouTuber。「お子さまが今すぐYouTuberになりたいと言ったら賛成しますか?」という質問をしたところ、「賛成」(5%)と「学業に影響がなければ賛成」(30%)あわせて35%の方が「賛成」と回答しました。
一方で、半数以上の方が「反対」と回答し、反対する保護者の方のほうが多い結果となりました。

■YouTuberとしての才能はある?ない? 2人に1人が「どちらとも言えない」と回答

「お子さまにYouTuberとしての才能があると思いますか?」と聞いたところ、「ない」(52%)、「どちらとも言えない」(44%)と回答した方がそれぞれおよそ半数となりました。

■インターネットを活用した起業に関しては、約6割の保護者が賛成

次に、「お子さまがインターネットを活用して起業したいといったら、賛成しますか?(※内容に問題がない事が前提です)」と聞いたところ、「賛成」(13%)、「学業に影響がなければ賛成」(45%)あわせて58%の方が「賛成」と回答しました。前述のYouTuberに関する質問の回答結果と比べると、「賛成」と回答した割合が、インターネットを活用した起業のほうが約1.6倍多いという結果になりました。

1/2ページ

最終更新:11/23(土) 9:03
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事