ここから本文です

50代は不要…!大企業でいよいよ「バブル世代切り」が加速し始めた

11/23(土) 11:01配信

現代ビジネス

 普通に生きてきたつもりなのに、入社した時代のイメージが拭えず、上からも下からもバカにされる。挙げ句の果てに、人減らしが始まればいの一番に削減対象にされる――。もう目も当てられない。

10年後に「消えている会社/生き残っている会社」 363社全実名

辞めたくないのに!

 「知っての通り、ウチの会社の経営環境はとても厳しい。希望退職に応じれば、再就職支援のサービスも利用できます。あなたのお考えを聞かせて欲しい」

 東芝の子会社に勤める50代のAさんは、5月下旬、西日の差し込む会議室に呼び出され、上司から開口一番こう言われた。

 それは、紛れもない「早期退職勧奨」だった。

 「私はローンも返し終えていないし、会社を辞めるつもりはさらさらなかったので、断りました。でも、以降は何度同じ意思表示をしても、たびたび面談に呼び出されるようになった。

 4回目には、『あなたの能力と仕事内容を考えると、もういまの場所で働いてもらうことはできません』とまで言われました。

 むろん強要すると違法になるので、会社側は『辞めろ』とはっきり口に出して言うことはありません。でも、制度に応じると言うまで面談はずっと続きます。

 同じ東芝グループの中には、希望退職への応募を拒んだ結果、これまでのキャリアとまったく関係のない部署にまわされて四苦八苦している同世代の社員もたくさんいる。

 会社側は我々のことをはなから『必要がない』と決めつけていて、今後の希望を聞こうとする様子すらなかった」

 結局、会社の希望退職募集は9月でいったん打ち切られ、Aさんはいまも同社で働いている。

 「なんとか残れたものの、周囲からは『必要ないのに居座っている』という目で見られている気がするし、いつまた退職の募集がかかるかもわからない。ずっと気分が落ち着かず、仕事も手につきません」

 東芝グループのように経営が厳しい企業だけでなく、ありとあらゆる企業で希望・早期退職制度の募集が進められている。

 そうしたなか、最大のターゲットとなっているのが、現在50代となったバブル入社世代だ。

 9月下旬には、'18年度の決算で過去最高益を稼ぎ出したキリンビールが、主にバブル入社世代の管理職を対象に、早期退職の募集を実施することが明らかになったばかりだ。

 「現在、日本経済は『不況の真っ只中』という状況ではなく、むしろ少し良いくらいでしょう。企業としては、まだ余裕があるうちに退職金の割増額を多くしてでも、早期・希望退職を進めておきたいというのが本音です」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏)

 バブル組が就職した'80年代半ば~'90年代初頭は、家電メーカーを中心に1000人を超える採用を行う会社が続出した。

 試験会場への交通費は言い値で支給され、簡単な面接を受けるだけで即採用。そこそこの大学を出ていれば、前後の世代よりずっと簡単に大手企業に入れた。囲い込みのために、入社前から手厚い接待を受ける学生までいた。

 その結果、会社では「お気楽に好き勝手ばかりしてきた世代だから使えない」というレッテルをはられてきたのがこの世代である。

1/3ページ

最終更新:11/23(土) 14:20
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事