ここから本文です

ダサい「カーディガンおじさん」になるな!

11/23(土) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。

【この記事の画像を見る】

● 「え、学生ですか?」と思われる

 肌寒くて一枚羽織りたいときに活躍するのが、カーディガンです。
体温調整もできますし、ニット素材がもつ上品さのおかげで、見た目が大人っぽくまとまります。

 しかし、選び方を間違えるとダメです。
なぜなら、一気に「学生っぽさ」が出てしまうからです。

 では、どんなカーディガンがNGなのでしょうか。

 縁のラインにデザインが入っているようなカーディガンは、ダサく見えます。
また、袖の丈が短かったり、2色以上を使っているものも、NGです。

 いかにも高校生や大学生のような「デザインにひと工夫あるカーディガン」は、大人になったら卒業しましょう。

● とことんシンプルを目指す!

 デザインは退屈なくらいシンプルなものを選びます。
ボタンは、5つ。あるいは「ボタンなし」でもOKです。
色は、「ネイビー」や「ブラック」など、濃いものを選びましょう。
そうすることで、全体の雰囲気を引き締めることができます。

 サイズは、適度にゆとりがあるようにします。
タイトすぎたり、大きすぎるものはNGです。

 また、ニットの生地には要注意です。
痩せ型の人は、「薄手のもの」を。普通~ぽっちゃり体型の人は、「やや厚みのあるもの」を選びましょう。

 下のイラストのように、ボタンを留めずにラフに羽織ると、とてもおしゃれに見えます。

 カーディガンは使い勝手もよく、夏以外の季節で大活躍します。

 ぜひ、取り入れてみてください。

[著者]
大山 旬(おおやま・しゅん)
スタイリスト。株式会社SO styling代表取締役
アパレル販売職、転職アドバイザーを経て2009年5月に独立。一般人を対象に3000名以上のファッション改善を行う。主に経営者・専門家に向けたスタイリングアドバイス、およびビジネスにおけるキャリアアップを目的としたスタイリングを得意としている。また、日本最大のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」を主宰。大人の男性に向けてファッションの基本をわかりやすく解説し、利用者数は累計1000名を超える。
[絵]
須田浩介(すだ・こうすけ)
1987年生まれ。2008年創形美術学校卒業。卒業後、フランス・パリ国際芸術会館シテデザールに派遣。跡見学園女子大学、創形美術学校、非常勤講師。アクリルガッシュを使用したファッション感のある人物、動植物のイラストレーションを描く。商業施設のキャンペーン、書籍、雑誌挿絵、ポスター等の仕事を手がける。

大山 旬

最終更新:11/23(土) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事