ここから本文です

急転直下GSOMIA延長へ 混迷の日米韓の隙を突く「プーチンのロシア」の野望《1万8千字インタビュー》

11/24(日) 6:00配信 有料

文春オンライン

東京大学先端科学技術研究センター特任助教・軍事評論家 小泉悠氏 (c)文藝春秋

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長をめぐって、大きく揺らいだ東アジアにおける日米韓の安全保障の枠組み。そんな情勢を虎視眈々と見つめているのが、北の大国・ロシアだ。

 ロシアについて、「世の中が乱れだすと、途端にロシアという国は輝きを放つ」と語るのは、軍事評論家で、東京大学先端科学技術研究センター特任助教の小泉悠氏だ。今年、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)でサントリー学芸賞を受賞した気鋭のロシア専門家だ。

 米中の貿易戦争は過激化し、北朝鮮はハイペースでミサイル実験を繰り返す。そんな混沌とした東アジアを、プーチン大統領のロシアはどのように捉えているのか。小泉氏に聞いた。 本文:18,760文字 写真:10枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

小泉 悠/週刊文春 デジタル

最終更新:11/24(日) 6:00
記事提供期間:2019/11/24(日)~2020/11/18(水)
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る