ここから本文です

一岡伶奈、ゴールデンボンバーのパフォーマンスに「これだ!」<BEYOOOOONDSインタビュー後編>

2019/11/25(月) 12:05配信

ザテレビジョン

8月にリリースしたデビューシングル「眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist」がオリコン週間シングルランキングで1位を獲得し、勢いそのままに11月27日(水)にファーストアルバム『BEYOOOOOND1St』をリリースするハロー!プロジェクトの12人組新グループ・BEYOOOOONDS。

【写真を見る】“BEYOOOOONDSらしさ”ができてきたと語る4人

今回は一岡伶奈、西田汐里、前田こころ、平井美葉のインタビューの後編。グループ結成から今回のアルバム発売まで、怒濤の1年を振り返ってもらった。

■ 「この1年は、どこを切り取っても本当に幸せでした」(平井)

<BEYOOOOONDSインタビュー前編>の続き。

――結成、メジャーデビュー、チャートで1位獲得と、昨年末から怒濤の1年を過ごしていると思います。この1年を振り返ってみていかがでしょうか?

一岡:何か、あっという間でした。それこそ、私と高瀬くるみちゃん、清野桃々姫ちゃんの3人は、BEYOOOOONDSの名前が決まる前の2017年の5月にデビューすることが決まっていたんです。そこから1年半ぐらいの期間があったので、すごく長く感じていましたね。

ハロー!プロジェクトのコンサートに参加しても私たちにはグループ名がないので、“自分の名前”で出ているみたいな感じ。そのころは「いつかグループとしてハロー!プロジェクトのコンサートに参加できるようになりたいね」って言っていたので、BEYOOOOONDSとして実現してからは目まぐるしく世界が変わった感じがします。

西田:すごく濃過ぎたというか1年にいろいろあり過ぎて、「思い出を1つあげるなら?」って質問をされると、全然選べないくらい。私的には、夏が一番大変だったかな。暑い中、野外でのイベントが続いたり、いろんなことがありました。それをみんなで一生懸命乗り越えてきたので、メンバー同士の絆がすごく深まった1年だったと思いますね。

平井:BEYOOOOONDSとか、CHICA#TETSU、雨ノ森 川海っていう名前が決まったとき、私たちはちょうどオーディション期間でした。なので「自分たちが入ろうとしているグループはこういう名前で、こういうメンバーがいて…」みたいな、そういうことを思っていましたね。

実際に自分がメンバーとして加入したら、こんなに自分をさらけ出せる場所はないなと思いました。人前でパフォーマンスするということが本当に初めてだったので、すごく充実してて。

前田:平井美葉ちゃんたちが入ったときは、敬語だったりとか、ちょっと全員に距離感があったよね。だから、1年後にこんなにも距離が近づいているっていう想像ができなかった(笑)。

いろんなことがあって家族みたいな存在になっていって、本当にメンバーのことがどんどん大好きになっています! 何かもう愛おしいというか本当に「みんな、いい人たちだな」って。改めて、この1年を通して感じていますね。

西田:うん。平井美葉ちゃんとか、オーディションメンバーが入ってきて1年しか経っていないのがすごい違和感。もうずっと一緒にいるっていう風に思ってしまうぐらい、距離感が近い。「このメンバーといると安心できるな」っていうメンバーなので、すごく楽しく過ごせていますね。結成からずっと突っ走ってきたんですけど、急ブレーキが掛かることもなく、ここまで来られました!

前田:本当に、まだ1年なんですけど「何年一緒にいるんだろう」みたいな感覚になっちゃうよね。多分、つらいことはあったとは思うんですけど、それも消し去るぐらいに楽しいことがあり過ぎて、本当に充実した1年だったなって思います!

平井:私、よく声が小さいっていう風にイジられるんですけど、普通の日常生活だったら困らない程度の声量なんですよ。こういうのも入ってみなきゃ分からなかったというか、「あ、私って声小さいんだ」「すごく泣き虫だったんだ」とか、自分を振り返る1年にもなったなと思います。

入った当初は「声が小さいって嫌だな」みたいに思っていたんですけど、そういった部分をファンの皆さんから「面白いね」「そういうところがきっかけで好きになったんだよ」とか言ってもらえると、これが私らしさにつながってるんだって思えますよね。

一岡:メジャーデビューもして、いろんなことに挑戦させていただきました。リリースイベントもずっとやってみたかったことの1つですし、BEYOOOOONDSが主演の舞台(「不思議の国のアリスたち」)もやらさせていただきました。今年は“初めての○○”みたいな出来事がすごく多かったなって。来年もこの勢いを残したまま、もっといろいろなことに挑戦できたらいいなと思います。

平井:パフォーマンスとかステージに立つことを一年弱ぐらいやってきて、自分の成長を感じたりすることができました。今回のアルバムのレコーディングでも「音域が広がったね」って言っていただけたんです。

私は音域が極狭なんですけど、でも「こんな音も出るようになったんだ」とか言われると、自分で言うのも変ですけど、「ここに入って自分は頑張っているんだな」みたいな感じがしています。この1年は、どこを切り取っても本当に幸せでしたね。

■ ゴールデンボンバーをパフォーマンスの参考に!?

――以前インタビューさせていただいたときは、敬語が抜けないという声が多かったですよね。敬語を言ったらジュースをご馳走するみたいなこともおっしゃっていましたが。

一同:今は全くないです!

前田:でもあのときも、ジュースを誰もご馳走したことはないんですけど(笑)。

西田:やるって言ってやらない。

前田:そう! やるって言ってやらない感じだったんです。今となっては、あんなことしなくてもよかったんじゃないかってぐらい。

平井:でも私たちからしたら、あれがなかったら今はないかなって思います。島倉りかちゃんに対して敬語を使っていたときに「美葉ちゃんが直さないなら私も敬語にする!」って言われて「いや、ちょっと待ってください」みたいな感じで。メンバーはほぼ年下だったりするんですけど、そうやってみんなが受け入れ態勢でいてくれたからこそ溶け込みやすかった。

実際、私たちも距離感が難しかったんですよね。この世界の歴でいうと皆さんが先輩ですけど、歳は私たちの方が上だからやりづらいだろうなって感じていました。だからこそ私もこんなに居心地のいいところになるとは思ってなくて、みんなにありがとうございますって感じです。

前田:あぁ、よかった!

――そのインタビュー時に、先輩方とはちょっと違った存在になっていきたいと話されていました。1年活動してみて、自分たちの方向性みたいなものは見えてきましたか?

前田:“BEYOOOOONDSらしさ”っていうものがすごくできたなって思っています!

西田:“BEYOOOOONDS”っていうジャンルみたいな感じ?

前田:そう、ジャンルを作れたんじゃないかなって。

平井:途中から入ってきた私が言うのもあれなんですけど、演劇風なテイストに最初は「おおっ!?」ってビックリしちゃったんですよ。でも、みんなとやっていくうちに、オリコンチャートでデイリーとウィークリー1位の成績を残すことができました。やっぱり誰も確信を持ってやってきたわけじゃないので、そういうところで成果をもらえたことによって自信につながりましたね。

今回のアルバム新曲とかも「楽しみだね!」ってみんなで言えるようになって。このまま、ちょっと一味、いや一味どころじゃないですけど、変わった路線でもっともっと「これが私たちだ!」って言えるようにしていきたいなと思います。

一岡:BEYOOOOONDSじゃないと歌えない楽曲ができてきたなって。寸劇があったり、卓球のラケットやブロワーといった小道具系も使っていたりするんですよ。今後もそういう小道具的なものは増えていくと思う。だから、いざ何かコンサートとかツアーをやるってなったときに、何でもできそうな気がしています!

島倉りかちゃんなら恐竜好き、高瀬くるみちゃんだったらパンダが好きとか、みんなの趣味や特技も個性的なので、そういったものをコンサートとかでも取り入れたらすごく面白いんじゃないかなって。工作してみたり。

前田:工作!? 曲中に?

一岡:そう! ゴールデンボンバーさんが段ボールで大きいものを作って、それをコンサートで実際に乗って登場したりするのを見たことがあって「これだ!」って。私は電車が好きなので、電車に乗ってステージ上に出てきたら面白いなって思います。そういったことがBEYOOOOONDSなら無限にできそうな気がする。

ハロー!プロジェクトでもないことだと思いますし、他のアイドルの方でもなかなかやらないんじゃないかなって。でも、BEYOOOOONDSなら多分できると思う。やってみたいですね!

――それも、この1年間やってきたことが自分たちの中で自信となっているからですよね。

一岡:はい! 曲も初めて聞いた方は最初はビックリすると思うんです。でも、そのビックリが頭に残って、何度もライブやイベントとかにも来ていただける方が多い。そういう印象に残るものを今後もやっていきたいなと思います。

西田:ファーストシングルですごくいい結果を出させていただいたので、アルバムが出るとなってプレッシャーを感じたりする部分もありました。でも、曲を聞いたら「全然大丈夫だ!」って思えるぐらい、すごくいい曲をたくさん作ってくださって「この曲なら自信をもって世に出られる!」って思いました。

でも、この曲を披露して「何、この曲?」って終わってしまわないようにしたい。いい曲を作っていただいた分、私たちが一生懸命歌って踊ってパフォーマンスをして、ちゃんと届けないといけないと思っています。ただふざけているだけの曲ではなく、ちゃんと芯に強いメッセージが込められている曲ばかりなので、そういう部分もちゃんと届けていけるようになれたらいいなと思います。

BEYOOOOONDSの個性はこのアルバムに詰まっているので、その個性をこれからもびよ~んと伸ばしていきたいです!(ザテレビジョン・取材・文=宮澤祐介)

最終更新:2019/11/25(月) 12:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事