ここから本文です

26歳で年収約3億円。失敗を経験しながらも大手外資系証券会社のマネージャーに上り詰めた軌跡とは

2019/11/25(月) 5:20配信

東京カレンダー

年収が上がっても、幸福度は一定以上は上がらない…。

世間で言われているこの言葉は、果たして本当なのだろうか?

たしかに、年収3,000万も5,000万も、暮らしは大して変わらないのが東京の現実である。

であれば、1億円以上稼げば、さすがに違うのでは?

そこで東カレは、1億円プレーヤーが考える『お金と幸福感』について、東京ミリオネアたちへのインタビューを敢行した。

年収1億円を稼ぎ出す人が考える、お金とは?幸福とは?

前回は、月収5万から年収2億を掴んだ男性を紹介した。今週は?

【今週のミリオネア】

名前:石川さん(仮名)
年齢:40代
年収:1~2億円
職業:大手外資系証券(今年退社)、エステサロン経営
住まい:東京
家族:独身(愛犬と同居)

初めての“ワンミリオン”は26歳

今回お話を聞いたのは、今年大手外資系証券会社を退職したばかりの石川さん。

金融機関での勤務経験だけでなく、エステサロン経営など幅広い分野でマルチな才能を発揮している。高校時代にはアメリカ留学を経験し、大学卒業後は日系証券会社に就職した。

石川さんが大手外資系証券会社のマネージャーに上り詰めるまでの軌跡とは? 収入と幸福度の相関関係と、お金を増やすためのビジネスマンの極意をうかがった。


――まずは、石川さんの生い立ちについて教えてください。


石川さん:父親は公務員で、年収400万円前後のごくごく一般的な家庭で育ちました。

ターニングポイントになったのは高校1年生の1学期。志望校に落ちてしまい、滑り止めで受けた高校に進学したのですが相性が合わず…。

自身で探してきた米国政府の奨学金制度を利用して、アメリカ留学を決めたんです。

訛りの強い英語に苦労しましたが、数ヶ月で日常会話には困らないレベルまで上達しました。当初1年間の留学予定だったのですが、成績が良かったこともあり最終的には3年間をアメリカで過ごしました。

この時間で学んだのは「本気でやれば身に付くこと」と「失敗しても修正できること」。自分の人生観を形成する材料になったかなと思います。

1/5ページ

最終更新:2019/11/25(月) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事