ここから本文です

いま改めて考える、SNSのメリット・デメリット

2019/11/27(水) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

SNSの良い点、悪い点と聞いたとき、どんなことが思い浮かぶでしょうか? これは、いまこそ語るべき価値があるトピックと言えるでしょう。

【全画像をみる】いま改めて考える、SNSのメリット・デメリット

SNSのアプリを利用している人がかつてないほど多くなっている一方で、SNSが人を不幸にしているとの指摘もあるからです。確かに良いところも悪いところもあります。

この記事ではその両方を取り上げ、プラス面とマイナス面をリストアップしていきます。

今回の内容を読めば、SNSの光と影を理解するのに役立つでしょう。

SNSのメリット

では早速、SNSがもたらしたメリットを挙げていきましょう。

知人との交流
FacebookやMyspaceといったSNSアプリは当初、気になる人たちの近況を常に把握できる手段として、自らのサービスをアピールしていました。

これはいまでも、SNSのメリットとして真っ先に挙げられるポイントでしょう。

SNSがあれば、疎遠になりがちな友人や親戚とも、気軽に連絡を取り合うことができます。

これは、あなたがほかの街へ(あるいは全く別の国に)引っ越した場合に、特にありがたいメリットです。

ニュースに触れる機会の提供
ニュースに容易に触れられる点は、SNSのプラス面であり、同時にマイナス面でもあります。ここでは、良いところに目を向けてみましょう。

住んでいる国で、自由な報道に触れる手立てがない人は、世界中でかなりの数に上ります。

それでもいまは、すべての大手報道機関がSNSのアカウントを持っているので、こうした人たちもFacebookやTwitterなどのアプリを通じて、多くの信頼が寄せられる世界の報道機関のニュースを追うことができます。

職探し
いまも昔も、職探しに苦労する人は多いようです。

けれども、LinkedInやXingといったプロフェッショナル向けのSNSを使っていれば、あなたがプロフィールに載せている技能にぴったりマッチする会社の募集情報を、自動的に表示させることも可能です。

これは見過ごされがちですが、SNSのメリットのひとつと言えるでしょう。

イベントの企画
パーティーや結婚式、カンファレンスなど、大勢の人が集まるイベントの企画に役立つサービスと言えば、これはもうFacebookの独壇場です。

いまでは、ほぼすべての人がFacebookアカウントを持っているので、「招待状を作る」「イベントの詳細を拡散する」「イベント関連のさまざまな資料をシェアする」といった作業も簡単です。

顧客開拓
事業やお店を始めたばかりの人にとって、SNSは、手っ取り早く知ってもらう手段として大いに役立ちます。

こうして得たオーディエンスを足がかりに、顧客基盤を作り上げることも可能です。

口コミが急速な勢いで広まるのはSNSの特徴ですが、事業を行う側から、ターゲットを絞った広告を出すという手もあります。

SNSなら、テレビやラジオ、印刷メディアと比べて、かなり安い値段で広告を出すことができます。

警察への情報提供や治安の維持
確かに、自分の私的なメッセージを政府によって密かに調べられるのは、誰だってごめんです。

その気持ちはわかります。けれども、犯罪ネットワークやテロリストのグループ、さらには銃乱射テロを企てる人たちも、攻撃の計画を立てたり、仲間を集めたりするのにSNSを活用しているのです。

警察がこうした攻撃計画の実行を未然に防ぐ手段として、SNSは非常に有効です。

SNSは楽しい
SNSの良い面と悪い面を検証していると、「SNSは楽しい」という、根本にある気持ちを忘れてしまいそうになります。そもそも楽しくなかったら、Facebookが30億人近いユーザーを獲得することもなかったでしょう。

ゲームやチャット、興味深い記事、ミーム、動画──あなたの興味の対象が何であれ、何時間でも楽しめるだけのコンテンツが、SNSには山ほどあります。

1/3ページ

最終更新:2019/11/27(水) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事