ここから本文です

沢尻エリカの“彼氏”を逮捕 MDMAを共同所持 警察が関心を寄せる「パートナーとのプライベート」

2019/11/27(水) 0:42配信

文春オンライン

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された事件。MDMAを共同して所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は11月26日、麻薬取締法違反の疑いで沢尻容疑者の交際相手でファッションブランドのアートディレクター、横川直樹容疑者を逮捕した。同課は男が沢尻容疑者にMDMAを渡したと見て、引き続き詳しい入手ルートについて捜査を進めている。

【写真】逮捕された沢尻容疑者のパートナー横川容疑者

 週刊文春デジタルでは、沢尻容疑者逮捕直後に“A氏”こと横川容疑者について詳報していた。記事を再公開する(2019年11月19日初出)。

◆◆◆

 11月16日、警視庁組織犯罪対策部5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。沢尻容疑者は取り調べに対し、「10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していた」と供述し、所持していたMDMAの粉末カプセルについては「数週間前に別のイベント会場でもらった」と話しているという。警視庁は今後、MDMAの入手ルートについても捜査を進める。

「2週間前、西麻布にある、知る人ぞ知る巨大な会員制のクラブで、エリカはファッション関係者やタレント、ドラァグクイーンと一緒に踊り狂っていました。もともとそこは薬物の噂もあるところだったので、『どうせクスリでキマってるんだろうな』と思っていましたが、やはり常習者だったんですね」(ファッション業界関係者)

 週刊文春デジタルでは「 沢尻エリカMDMA逮捕 本人が語っていた『やめられない。これが私のライフスタイル』 」で、長年にわたる沢尻と薬物の関係について報じたが、今回の逮捕を受けて、沢尻の周囲には戦々恐々としている者も多いという。

「警察は、押収した沢尻の携帯電話の履歴をたどる一方、親しい友人や交際相手からも事情を聞いている。沢尻は日常的にドラッグを使用していたことから、性行為の際にも使用していた可能性が高く、プライベートを共にしていたパートナーの存在には警察も注目している」(社会部記者)

 沢尻の彼氏として長年報じられているのはアートディレクターのA氏(30代)だ。

「週刊文春」では2012年に報じた「『沢尻大麻事件』5大タブー」(2012年6月7日号)以降、複数回にわたりA氏との関係性について報じている。一部では破局報道も出ているが、実際には「2人は離れたりくっついたりを繰り返しているが、最近はよりを戻しています」(沢尻の知人)という。

1/3ページ

最終更新:2019/11/27(水) 21:27
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事