ここから本文です

なぜ男におごらせる女は同性に嫌われるのか

11/27(水) 11:16配信

プレジデントオンライン

今回のテーマは若者のお金観。かつては男性が出すことが多かったデート代や食事代も、今は完全にワリカンという若者が多数派のよう。相手の懐具合への気遣いからか、それとも平等意識が高いからか──。若者たちが支持する「完全ワリカン」の裏に隠された意外な本音に、原田曜平さんが迫ります。

【図表】異性に自分が多く支払いたい人の割合

座談会メンバー
井上 雄仁くん/法政大学3年生。バイト収入約7万円。支出は食費、交通費、生活費等で約5万5000円。男性
山田 修平くん/法政大学3年生。バイト収入約7万円。サブスク、交際費、サークル費用等でほぼ全額を使う。男性
丹羽 明日香さん/早稲田大学3年生。仕送り収入のうち小遣い約7万円。外食費、交際費、化粧品等でほぼ全額を使う。女性
塩田 亜多夢くん/慶応義塾大学3年生。バイト収入約10万円。映画鑑賞や飲み会代などの交際費でほぼ全額を使う。男性
長谷川 優真さん/早稲田大学3年生。バイト収入約8万円。支出は生活費、交通費等で約5万円。奨学金返済用に月1万円を貯金。女性
浅見 悦子さん/青山学院大学4年生。バイト収入約8万円。外食や飲み会代などの交際費、交通費でほぼ全額を使う。女性
※収入・支出額は1カ月平均。

■異性との食事はワリカンが多数派

 【原田】僕たちの時代は、女の子と2人で食事に行ったら男性が全額出すのが普通だったけど、今はどうなんだろう。僕の独自調査では、異性に対して自分が多く支払いたいと答えた男子大学生は半数以下でした(図表1)。みんなは、同世代の異性と食事に行くとしたら全額おごるのか、おごられたいのか、それともワリカンなのか。理由も含めて教えてくれるかな。

 【山田くん】僕は3分の2を出すようにしています。例えば合計額が3000円だったら、女子からは1000円だけもらうとか。全額出すとかえって気を遣わせちゃうので、少しだけ多めに出すのが、男らしさも気遣いもあっていいかなと思います。

 【井上くん】僕は完全にワリカン派です。実際、食事でも飲み会でもワリカンがほとんどで、周囲の友人も同じですね。相手が同世代だったら全額おごるのは違和感があるし、少し多めに出すのも「何でその配分? 」って互いに疑問が浮かびそうです。ワリカンが一番気楽じゃないですか。

 【塩田くん】僕もワリカン派です。男女関係なく、できるだけフェアに行きたいですよね。でも以前、女子から「私はメイク代にお金がかかるんだから、食事は男子がおごって当たり前」って言われたことがあります。思わず納得しかけたけど、よく考えたらおかしいなと。

 【原田】すごいね、その女の子はおごってもらうことに対して理論武装しているわけだ。僕が若い頃は、そんな理屈抜きに「男性が出して当然」という態度の女性も少なくなかったよ。おかしいなと思いつつ、そんなもんだと自分を納得させていたんだよね。3分の2を出すっていう意見はどう思う?  女子は微妙な表情をしていたみたいだけど(笑)。

1/3ページ

最終更新:11/27(水) 11:16
プレジデントオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事