ここから本文です

《ク・ハラの“リベンジポルノ裁判”記録》裁判長が提出を要求した「性的動画」

11/28(木) 18:30配信

文春オンライン

 人気K-POPアイドルのク・ハラ(28)が11月24日に遺体で発見された。ソウル・江南警察署は死因について自殺だと断定している。

【写真】ハラが脅迫されていたことを実証した自宅マンションの防犯カメラ映像

 ク・ハラは今年5月にも自殺未遂で病院に運び込まれており、その際に「深刻なうつ病」を患っていると報じられた。何がそれほどまでにク・ハラを追い込んだのか。苛烈なSNSでの批判や、親友である元f(x)メンバー・ソルリの自殺など、いろいろな要因が取り沙汰されているが、特に注目されているのが、昨年9月から現在まで訴訟が続いている元交際相手チェ・ジョンボム(28)とのトラブルだ。

 現地スポーツ紙「スポーツ京郷」エンターテイメント部の河京憲記者が「ハラとチェの出会いは美容番組だ」と解説する。

番組後、ハラからチェに連絡をして交際に発展

「2018年夏、ハラがMCを務めていた韓国の美容番組『マイ・マッド・ビューティダイアリー』にヘアデザイナーとしてチェがゲスト出演したのが出会いのきっかけです。当時、チェは『サロンハーツ』という芸能人御用達の有名美容室で働いていました。韓国で人気の俳優ユ・アイン似の甘いルックスだったこともあり、番組ではハラを含めた出演女性たちがメロメロな様子が放送されていた。出演後にハラからチェにSNSで連絡をして、交際に発展したようです」

 そんな美男美女カップルのトラブルが表面化したのは2018年9月13日。午前0時30分頃にチェが「ク・ハラから暴行を受けた」と警察に通報したのだ。

「当初、韓国マスコミはチェが別れ話をしにハラの自宅に出向いたところ、別れに激怒したハラから暴行を受けたと報じていました。そのためハラに批判が殺到した。彼女のSNSは荒れに荒れ、罵詈雑言が浴びせられていました」(韓国芸能関係者)

 しかし、後日ク・ハラ本人が自身の名誉回復のために、韓国の芸能情報サイト「ディスパッチ」のインタビューで、自分はチェ・ジョンボムに対して一方的に暴行を働いたわけではないということを証言した。その証言を裏付ける動画も公開され、韓国世論が大きく動いたという。

1/3ページ

最終更新:12/4(水) 11:45
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事