ここから本文です

銀行支店統廃合の罠――飯島勲の激辛インテリジェンス【全文公開】

11/28(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

今年の中間決算では上場地銀の7割が減益か赤字(全国地銀協会の笹島会長)

 バブル経済の崩壊からかれこれ30年近いけどさ。ゼロ金利どころかマイナス金利も長引いちゃって、預金者もなけなしの貯蓄にちっとも利息がつかなくなって久しいよ。金融機関もどこも経営に四苦八苦だな。

 メガバンクから地方銀行、信用金庫まで業態を問わず、経営統合で何とか生き残ろうとする動きも多いし、一つの金融機関の中でも体力が落ちてきて、支店や人員をどんどん減らしてるね。

 それは仕方がないかも知れないけどさ。預金者の立場から見たら、実は全国津々浦々でとんでもないことになってるんじゃない?  本文:1,501文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

飯島 勲/週刊文春 2019年12月5日号

最終更新:11/28(木) 11:00
記事提供期間:2019/11/28(木)~2020/11/22(日)
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る