ここから本文です

SixTONESとSnow Man 来年1月同時デビューにライバル心「バチバチっすね」〈AERA〉

12/3(火) 11:30配信

AERA dot.

 2020年1月22日(水)、ジャニーズJr.から「SixTONES」と「Snow Man」が同時にCDデビュー!! ジャニーさんの遺志を受け継いだ彼らは、舞台「少年たち To be!」で素晴らしいパフォーマンスを披露した。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号に掲載された記事を紹介する。

【画像】クールすぎる!AERA表紙を飾ったSixTONES

*  *  *
 ジャニーズ史上初となる、2組同時のCDデビューが決まった。そのグループは、「SixTONES」と「Snow Man」。来年のデビューに先がけて、今年の9月には舞台「少年たち To be!」にも出演した。

 舞台「少年たち」のシリーズは、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所社長(当時)のジャニー喜多川さん(享年87)が長年、企画・構成・総合演出を手掛けてきた作品。初演は1969年で、少しずつ形を変えながら何度も上演が重ねられてきた、ジャニーさんの思い入れのある舞台だ。現在活躍中の「Kis-My-Ft2」や「A・B・C-Z」「ジャニーズWEST」などのメンバーもジャニーズJr.時代に出演していたことがあり、いわばジャニーズ事務所の若手の登竜門なのだ。

「少年たち To be!」は2部構成。第1部は「ミュージカル」で、第2部は2組の新曲の披露も兼ねた「SHOW TIME」だ。

 第1部のミュージカルの舞台は少年刑務所。SixTONESとSnow Manのメンバーはみな、その刑務所に収監されているという設定だ。監獄の中の彼らは自由を求め、2人を残して決死の思いで脱獄する。そのときに、みんなで「50年後に必ずまた会おう」と誓い合う。刑務所から出たメンバーも、残ったメンバーも、それぞれが悩み、苦しみながらその人生を全うし、50年後、約束通り、かつて刑務所のあった場所で再会するというストーリーだ。

 今回の新たな試みについて田中樹さんは、「自分たちのことを手紙に書いて脚本家さんに渡すという、今までにない台本の作り方をしました。なので自分たちが今思っていることや、過去のこととかがストーリーに反映されています」と明かす。

 ところどころで繰り広げられる歌や踊りなどのパフォーマンスもカッコイイ! サーカスのように、天井からつり下げられた布にぶら下がりながら踊るフライングに初挑戦した森本慎太郎さんは、「布ひとつでつられているので、あれが抜けちゃったらそのままヒュ~って感じなので、初めは怖かったですが、楽しさときれいに見せる大事さがうまく伝わるといいなと思います」と興奮気味に語った。

1/2ページ

最終更新:12/3(火) 11:30
AERA dot.

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事