ここから本文です

秋田に新スタジアムは必要か? 2025年までに考えるべきこと

11/29(金) 12:06配信

footballista

2019年9月、ブラウブリッツ秋田は2025年までに新スタジアム整備を実現させることを表明した。建設候補地、予算など解決すべき課題が残された状況下においての発表はクラブの独断で行われたものであり、行政、スポンサーなど関係者にも驚きをもって受け止められた。このアクションの背景にはどのような思惑があったのか。ブラウブリッツ秋田社長・岩瀬浩介氏に話を聞いた。

インタビュー・文・写真 玉利剛一(footballista編集部)

秋田に娯楽の選択肢を

――新スタジアム建設の本格的な検討が始まったのは2017年のJ3優勝がきっかけですか?優勝したにも関わらずJ2に昇格できないという異例の事態が当時、話題になりました。

 「我々は地元秋田のTDKサッカー部を母体としてプロ化を目指してスタートしたクラブですが、いざJリーグ参入となった際に必要なJ2規格以上のスタジアムがなかった。J3が開始されてからはJリーグという枠組み自体には入りましたが、このままでは秋田でJ2以上の試合を観戦できない。その課題認識をJ3優勝でサポーターや関係者が改めて持つようになりました」

――新スタジアムを求める署名が18万人分も集まったと報道されていますが、そうした“機運の高まり”は重要ですか?

 「優勝が大きなエネルギーとなっているのは間違いありません。少しでも早く私達がJ2ライセンスを取得するために県や市が尋常ではないスピードでスタジアムに関する費用の予算化を付けてくれたのは他県の自治体ではあまり例がないはず。この背景には優勝をきっかけとした県民機運の高まりがありますが、(新スタジアム建設は)多くの税金を使うことになりますので、より多くの県民の同意を得られるように引き続きの努力が必要だと思っています」

――秋田は娯楽が少ない街です。サッカーが県民にとって重要な休日のコンテンツになるポテンシャルは十分にあると思います。

 「秋田が抱える社会問題ですね。少子高齢化や人口減少。若者は秋田から離れてしまう。秋田で生活する上で得られる生活の豊かさを考えると娯楽の重要性は考えなければいけません。私も秋田で13年間生活していますが、娯楽の少なさを痛感しています。秋田の人の休日は常に『御所野に行こうか』という感じです。イオン(ショッピングモール)があるんです。やはり色んな選択肢があることが街の豊かさや誇り、魅力なので、そうした部分もふまえて秋田にはスタジアムが必要であるということは訴えたいですね」

――秋田のスポーツと言えばバスケが有名です。能代工業の影響もあるでしょうが、Bリーグ・秋田ノーザンハピネッツが人気を得ている現状をどのように捉えられていますか?

 「秋田にとってバスケの文化と歴史はとても重要です。能代工業以外にも企業チームである『秋田いすゞ』が天皇杯を優勝するなど、秋田県民にとって最も身近なスポーツはバスケであることは間違いありません。ただ、それはサッカーにとっては伸びしろがあるとも言えます。陸上競技場ではなくサッカー専用で、雨風を防げる屋根があって、そういう観戦環境が整っていけば変わっていくと思います。秋田にサッカーを根付かせる上でも環境、舞台装置は非常に重要な要素ですね」

――昨日、秋田ノーザンハピネッツの試合観戦をして驚いたのがスポンサーの数です。経済的に企業数も含めて大きいとは言えない秋田県において、秋田ノーザンハピネッツがブラウブリッツ秋田にとって強力な競合になってしまっている側面はないですか?

 「デメリットは一切感じていないです。むしろメリットしかない。市民・県民にとって娯楽の選択肢は増えるのは良いことですし、シーズンもあまり重なっていないですしね。スポンサーという部分に着目しても競争原理が働くのはお互いに切磋琢磨できる点においてポジティブに捉えています。秋田県にプロスポーツがブラウブリッツ秋田しかなければ、企業として成長や発展は今ほどなかったと思いますね」

1/4ページ

最終更新:11/29(金) 12:06
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事