ここから本文です

二宮和也の結婚相手を「一般女性」、飯塚幸三を「元院長」と報じるのはなぜか

11/29(金) 15:00配信

週刊女性PRIME

 11月12日に嵐の二宮和也がジャニーズ事務所を通して、一般女性のIさんとの結婚を発表した。

【画像】二宮和也の自宅に通うIさんをキャッチ

 二宮は《かねてよりお付き合いをさせていただいている方と結婚することとなりましたのでご報告をさせて頂きます。結婚後も、これまでと変わらず活動してまいりますので、温かく見守って頂けましたら嬉しく思います》とコメントした。

 ところが、二宮の結婚相手を一部メディア以外は一般女性と明記されているのに対しツイッター上では、《ジャニーズへの忖度(そんたく)?買収?》、《ジャニーズが怖いからか》と、さまざまな憶測を呼んでいる。

 一方、二宮が結婚発表した同日、今年4月に東京・池袋で車を暴走させ11人を死傷させた旧通産省工業技術院の飯塚幸三を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検した。

 飯塚の呼称に関しても、読売新聞は以前から、フジテレビは書類送検後「容疑者」に切り替えたが、ほかのマスコミは「元院長」のままとバラつきがみられる。

 ネット上では《元院長を外し容疑者にしろ》、《他の事案はすぐ逮捕で容疑者なのにおかしい》、《上級国民だから忖度してるのか》などと、飯塚やマスコミに批判が相次いでいる。

結婚相手が「一般女性」の理由

 二宮とIさんの交際が発覚したのは2016年7月、二宮の自宅マンションに通う女性の姿を『女性セブン』がキャッチした。

 一般女性は元・フリーアナウンサーで『news every.』(日本テレビ系)の金曜メインキャスターを務めていたが、二宮との交際発覚後、番組を卒業し、その後、所属事務所を退社、一般人となった。

 この経緯や「かねてよりお付き合いしている方と結婚」というコメントをみると、二宮の結婚相手は元アナウンサーのIさんで間違いない。

 FRIDAYデジタルによると、ジャニーズ事務所からIさんの名前、顔などを一切出すなという強いお達しがあったという。背景にはネットやSNSの普及、プライバシーを守る意識が高くなり、プロダクション側が配慮を強く訴える風潮が高まっているのだろう。

 加えて、Iさんの代理人の弁護士からマスコミ各社に通知書が届き、2018年3月まで芸能活動をしていたが現在は一般人なので、実名、顔写真などは公開しないよう記され、守らなければ法的処置も辞さないとの通達も。

 過去には山口百恵さんや堀北真希さんなど芸能界を引退したのちも、その名前を使ったままの報道があったが、なぜ、今回は「一般女性」になったのだろうか。

 そこで、いち視聴者・読者として、テレビ局・新聞社の視聴者センター、もしくは愛読センターに「女性の名前を出さなかった理由」について問い合わせたところ、いちばん多かった回答は「二宮の結婚相手は元アナウンサーでも、現在は一般人だから」、続いて「編集の判断」との回答であった。

1/2ページ

最終更新:11/29(金) 21:09
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事